この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


ワードプレス×ツイッターによる無料でできるオートブログ 第七回目 過去の投稿を自動でツイートする方法

今回はワードプレスで過去の記事をTwitterでランダムに自動的にツイートする方法です。
前回は投稿したらツイートするプラグインの紹介でしたが、今回は過去の記事の投稿となります。
使用するプラグインは「Tweet old post」というプラグインとなります。

因みにツイッター関連のプラグインなのですが、ツイッターがAPIの仕様をコロコロと変えるので、たまにプラグインが動かないことがあります。その場合はプラグインをアップデートするか、ネットで検索すると対応策が講じられている場合があるので参考にしてみて下さい。
同様のプラグインとして「Tweetily」というものがあります。もし動作がおかしくてどうしても解決しない場合は使ってみてください。

「Tweet old post」は2013年10月17日現在ではバージョン4.0.7となっています。説明画面はこのバージョンを基本としています。

で、日本語化なのですが「Tweet old post」には「.pot」ファイルと「.po」ファイルが付いていないので、英語で設定します。とはいえ設定は一画面で簡単なので大丈夫です。

それでは、ワードプレスで「Tweet old post」プラグインを新規追加して有効化して下さい。
ツイッターとの連携認証があるので、使っているブラウザでツイッターにログインしておきます。

左サイドメニューの [ Tweet Old Post ] → [ Tweet Old Post ] をクリックして管理画面を表示します。

Tweet old post 管理画面1
Tweet old post 管理画面1

[ Sign in with Twitter ] ボタンをクリックします。

[ Sign in with Twitter ] ボタンをクリックします。
[ Sign in with Twitter ] ボタンをクリックします。
次の画面で [ 連携アプリを認証 ] ボタンをクリックします。

[ 連携アプリを認証 ] ボタンをクリックします。
[ 連携アプリを認証 ] ボタンをクリックします。
これで連携が完了します。

次にツイートするタイミングや投稿するカテゴリなどを設定します。

上から説明して行きます。

関連記事