この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


月に3万円以上稼げるアフィリエイターは全体のたった2.4%

2013年7月2日のインプレスの記事にアフィリエイト収入について面白いことが書かれていました。
月に3万円以上の収入があるアフィリエイターは全体の2.4%で、約8割は1000円未満だったそうです。

さらに月に3万円以上の収入のあるアフィリエイターは、6.3(ブログ含む)を運営し、毎日約3.1時間を費やし、レンタルサーバーや独自ドメイン、商品購入などに毎月5000円前後の経費をかけているそうです。

▼アフィリエイト収入「月3万円以上」は2.4%、8割が「1000円未満」

 日本アフィリエイト協議会は2日、「アフィリエイト市場調査2013」の結果を公表した。調査は5月に実施し、ホームページやブログを保有している1765人からの回答を集めたもの。このうち、アフィリエイト広告を掲載している「アフィリエイトサイト運営者()」は500人で全体の28.3%だった。

 アフィリエイト歴は「5年以上〜10年未満」が20.2%と最も多く、次いで「1年以上〜2年未満」と「2年以上〜3年未満」が14.6%で同率。運営しているアフィリエイトサイトの数は、平均3.08サイトだった。アフィリエイト収入の面では、「月3万円以上」が全体の2.4%にとどまり、約8割は「1000円未満」だった。

 なお、月3万円以上の収入があるアフィリエイターの属性を分析したところ、「1年以上のアフィリエイト経験があり、平均6.3サイト(ブログ含む)を運営、毎日約3.1時間をアフィリエイト活動に費やし、レンタルサーバーや独自ドメイン、商品購入などに毎月5000円前後の経費をかけている」という平均像が浮かび上がったとしている。

(紹介終了)

アフィリエイターと言っても、ブログをやっているからついでに広告出してみましたーーというライトユーザーがほとんどだと思いますが、その中でも月に3万円以上稼いでる人達が、毎月5000円前後の経費を掛けているというのは面白い調査結果ですね。

経費は複数のブログを運営しているため、ドメイン代やサーバー代という固定費に使われているようです。
もっと知りたいことは、複数のブログを運営する理由と、どの程度のペースで、どの程度の質と量でコンテンツを生産しているかですよね。

3万円というのはあくまでも平均なので、全体の2.4%の中で物凄く稼いでいる人と、それほどでもない人がいるはずです。一日に100万ビューを達成するようなサイトでは、当然のことながら膨大なトラフィックによりアクセス負荷が掛かるため、サーバーもそれなりの許容量のあるプレミアムなプランを選択しなければならないはずです。サーバー代関連で月に5000円前後というのも頷けます。

ブログを複数運営する理由については、更新するコンテンツのネタに幅を持たせるためだと思います。
アクセス数を稼ぐためには単純にコンテンツの数が必要となるため、毎日の更新は欠かせません。
すると、書くネタが尽きないことが絶対条件になるわけですが、一つのサイトで一つのテーマで書き続けるよりは、複数のテーマを複数のブログに分けて書いたほうがネタは長続きします。

平均して毎日約3.1時間をアフィリエイト活動に費やしている、ということですが普通に考えると、時給が仮に800円だとして一日約2500円の稼ぎです。月にすると約7万4千円なので、アルバイトをした方が2倍も儲かります。

とはいえ、これは平均なのですごく稼いでいるアフィリエイターは、3.1時間でコンテンツを考えてるのではなく、大量のコンテンツを短時間でまとめる時間に費やしているはずです。
つまり、普通に真面目に文章をコツコツと書くために時間を費やせば、必ずアルバイトをしたほうが実入りがいいことになります。

物凄く稼いでいるアフィリエイターは二種類いて、ひとつは昔からコツコツと書き続けてきたコンテンツが膨大に存在し、多数のファンもおり、あとは毎日積み重ねで追加更新をするだけの「老舗タイプ」と、コンテンツを自分で作らずどこかから借りてきて、編集し数で勝負をする「まとめタイプ」がいるのです。

「まとめタイプ」については様々なやり方がありますが、検索エンジンのポリシー変化に影響されやすく、アルゴリズムの変動にかなり左右されます。最近では、似たような文章を検知して、検索上位に表示させない傾向があるため、独自性が求められています。

関連記事