この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


2ヶ月で月収2万円になる方法を試した結果…

まとめサイトで2ヶ月で月収2万円になった話、というまとめがあったので紹介します。
まとめなのでそのまま引っ張ってくるのは芸がないので、要点だけを抜粋します。

▼サイトを作って2ヶ月でサイト収入が2万/月になった話

2万円というのが大きいかどうかについては置いてといて、1日の作業時間が基本的に1時間ということなので、結構割の良い稼ぎ方だと思います。

方法なのですが、まとめサイトのまとめをプログラムで自動化し、自動更新させるというものです。
コンテンツパートはこの方法でほぼ無料で無尽蔵に手に入ります。
最近ではサマリーといった文脈を維持したまま文章を要約するプログラムが検索エンジンに買収されたという話もあるので、考え方としては方向性は正しいのでしょう。

▼ヤフーが3,000万ドルで買収した「Summly」。17歳の創業者の素顔

米ヤフーが世界中のニュースを要約するモバイルリーダーアプリ、「Summly」を買収した。その買収額は、3,000万ドルにも上ると言われている。17歳の創業者ニック・ダロイジオは、高

作者はアダルトサイトの運営ということなので、文章面が弱くても煽りタイトルだけで十分に興味を惹くことができます。アダルトサイトの利点は、画像や動画といったコンテンツの耐久性です。
例えば、ある文章を半分にぶった切ると、ほぼ意味が通じなくなりますがアダルト画像の場合は顔だけを隠したり、胸だけを切り取ったりしてもコンテンツの質は下がるどころか、トリミングされてクローズアップされます。不思議ですよね。

文章のコピペは検索エンジン的にはNGですが、画像については角度を少し変えたり、顔を隠した二枚の異なる画像を二つ並べるだけで検索エンジンは同じものと判断できません。しかも、品質を落とさずに新しいコンテンツを創りだしてしまえるというメリットがあります。
コンテンツ製作における著作権的問題がグレーで、安価で手に入りやすいのだと思われます。

しかもエロは人間の根源的な欲求なので、一度ならずとも、二度三度とユーザーを惹きつけます。
同じ文章や動画を何度も見たいという人はあまりいません。つまり、常に新奇性を提供しなければならないことを意味して、コンテンツ製作費が売上を圧迫します。
コンテンツの特性で言えば、これほどネットと相性の良いものはないでしょう。
ネットの黎明期から現在まで、ネットユーザーを惹きつける強力なコンテンツなのです。

関連記事