この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


ワードプレス×ツイッターによる無料でできるオートブログ 第二十ニ回目 アフィリエイト広告を自動で作成し稼ぐ方法 その4

今回はいよいよワードプレスにインフォトップのランキング情報抽出プログラムとキーワード抽出を合体させます。ちょっと時間が掛かりましたが、ようやく完成しました。
まずは保存する場所を確認します。保存する場所はテーマフォルダです。子テーマを設定している人は子テーマのフォルダにします。

そのフォルダに「infotop_data」というフォルダを作成し、フォルダのパーミッションを書き込めるように「707」にします。
パーミッションの設定はお使いのサーバーによって異なるので、適宜書き込み可にして下さい。

次に前回使用した「PHP Simple HTML DOM Parser」全てアップロードします。
処理は個別記事テンプレートに記述するのですが、これもお使いのテーマによって異なります。
私の場合は「content-single.php」というファイルが個別記事テンプレートとなっています。

忘れてしまった人は過去の講座をおさらいして下さい。

ワードプレス×ツイッターによる無料でできるオートブログ 第五回目 カスタムフィールドの利用

ワードプレス×ツイッターによる無料でできるオートブログ 第九回目 自動フォロースクリプトをワードプレスで定期実行する 子テーマを作る

「content-single.php」上部に以下の処理を記述しUTF-8に保存しアップロードします。

<?php

	//インフォトップ広告取得用PHP読み込み
	require_once dirname(__FILE__) . '/infotop_ad.php';

	//インフォトップ用広告を取得
	$infotop_ad = INFOTOP_AD( $post->ID , $post->post_content , $post->post_title );

?>

上記の記述で広告を作成しています。「$infotop_ad」という変数が広告の内容です。
これを記事内の好きな位置に配置します。私はタイトルの上と記事の下に表示しています。
広告を表示する処理は以下のようにします。

[note]<!–広告表示–>
<?php echo $infotop_ad; ?><p>[/note]

これをテンプレートの好きな位置に記述して下さい。

例として私の「content-single.php」の内容を紹介します。これは私のテンプレートなのでそのままコピーをして使わないで下さい。動かなくなる可能性があります。

<?php
/**
 * The template for displaying content in the single.php template
 *
 * @package Catch Themes
 * @subpackage Catch_Box
 * @since Catch Box 1.0
 */
?>

<?php

	//インフォトップ広告取得用PHP読み込み
	require_once dirname(__FILE__) . '/infotop_ad.php';

	//インフォトップ用広告を取得
	$infotop_ad = INFOTOP_AD( $post->ID , $post->post_content , $post->post_title );

?>

<article id="post-<?php the_ID(); ?>" <?php post_class(); ?>>
	<header class="entry-header">

		<!--広告表示-->
		<?php echo $infotop_ad; ?><p>

		<h1 class="entry-title"><?php the_title(); ?></h1>

		<?php if ( 'post' == get_post_type() ) : ?>
            <div class="entry-meta">
                <?php catchbox_posted_on(); ?>
                <?php if ( comments_open() && ! post_password_required() ) : ?>
                    <span class="sep sep-comment"> &mdash; </span>
                    <span class="comments-link">
                        <?php comments_popup_link(__('No Comments &darr;', 'catchbox'), __('1 Comment &darr;', 'catchbox'), __('% Comments &darr;', 'catchbox')); ?>
                    </span>
                <?php endif; ?>
            </div><!-- .entry-meta -->
		<?php endif; ?>
	</header><!-- .entry-header -->

	<div class="entry-content">

<?php the_content(); ?>

<!--広告表示-->
<?php echo $infotop_ad; ?><p>

<?php

    //↓↓2013.10.20追加 FeedWordPressからのカスタムフィールドを出力
    //メタデータが取得できたら
    if ( get_post_meta( $post->ID, 'syndication_permalink', true ) )
    {
        //フィード名を得る
        $feedname = get_post_meta( $post->ID, 'syndication_source', true );

        $feedlink = get_post_meta( $post->ID, 'syndication_permalink', true );
        $sitelink = explode( '/', $feedlink, 4 );
        $sitelink = $sitelink[2];
        $feedsource = '<p>[ 情報提供元 ] : ' . $feedname . '<br /><a href="' . $feedlink . '" target="blank" rel="nofollow">続きを読む →</a></p>';

        //出力する
        echo $feedsource;

    }
    //↑↑2013.10.20追加
?>

<?php related_posts(); ?>

		<?php wp_link_pages( array( 
			'before'		=> '<div class="page-link"><span class="pages">' . __( 'Pages:', 'catchbox' ) . '</span>',
			'after'			=> '</div>',
			'link_before' 	=> '<span>',
			'link_after'   	=> '</span>',
		) ); 
		?>
	</div><!-- .entry-content -->

	<footer class="entry-meta">
		<?php
			/* translators: used between list items, there is a space after the comma */
			$categories_list = get_the_category_list( __( ', ', 'catchbox' ) );

			/* translators: used between list items, there is a space after the comma */
			$tag_list = get_the_tag_list( '', __( ', ', 'catchbox' ) );
			if ( '' != $tag_list ) {
				$utility_text = __( 'This entry was posted in %1$s and tagged %2$s by <a href="%6$s">%5$s</a>. Bookmark the <a href="%3$s" title="Permalink to %4$s" rel="bookmark">permalink</a>.', 'catchbox' );
			} elseif ( '' != $categories_list ) {
				$utility_text = __( 'This entry was posted in %1$s by <a href="%6$s">%5$s</a>. Bookmark the <a href="%3$s" title="Permalink to %4$s" rel="bookmark">permalink</a>.', 'catchbox' );
			} else {
				$utility_text = __( 'This entry was posted by <a href="%6$s">%5$s</a>. Bookmark the <a href="%3$s" title="Permalink to %4$s" rel="bookmark">permalink</a>.', 'catchbox' );
			}

			printf(
				$utility_text,
				$categories_list,
				$tag_list,
				esc_url( get_permalink() ),
				the_title_attribute( 'echo=0' ),
				get_the_author(),
				esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) )
			);
		?>
		<?php edit_post_link( __( 'Edit', 'catchbox' ), '<span class="edit-link">', '</span>' ); ?>

	</footer><!-- .entry-meta -->
</article><!-- #post-<?php the_ID(); ?> -->

<?php if ( get_the_author_meta( 'description' ) && ( ! function_exists( 'is_multi_author' ) || is_multi_author() ) ) : // If a user has filled out their description and this is a multi-author blog, show a bio on their entries ?>
		<div id="author-info">
			<div id="author-avatar">
				<?php echo get_avatar( get_the_author_meta( 'user_email' ), apply_filters( 'catchbox_author_bio_avatar_size', 68 ) ); ?>
			</div><!-- #author-avatar -->
			<div id="author-description">
				<h2><?php printf( __( 'About %s', 'catchbox' ), get_the_author() ); ?></h2>
				<?php the_author_meta( 'description' ); ?>
				<div id="author-link">
					<a href="<?php echo esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) ); ?>" rel="author">
						<?php printf( __( 'View all posts by %s <span class="meta-nav">&rarr;</span>', 'catchbox' ), get_the_author() ); ?>
					</a>
				</div><!-- #author-link	-->
			</div><!-- #author-description -->
		</div><!-- #entry-author-info -->
<?php endif; ?>

次に実際の処理をするPHPファイルを作ります。
ファイル名「infotop_ad.php」としてUTF-8子テーマのフォルダに保存しアップロードします。
書き換える箇所が2箇所だけあります。「自分のアフィエイターID」自分のIDに書き換えます。
もう1つはランキングを検索するジャンルです。

「$category_id」で検索するランキングのジャンルが指定できます。
初期設定ではノンジャンルですが、ジャンル番号から指定ができます。
「$category_id = 3;」とすると「アフィリエイト」で検索できます。

関連記事