新プロジェクト始動

こんにちは。塾長です。新プロジェクトを立ち上げます。
プロジェクト名は「バズ・マニアックス」です。

ここ半年ほど新しく稼げる手段を模索していたんだけれど、大体まとまったから実行に移していこうかと思ってます。
私が今までなにをやっていたかというと主に情報収集です。
なにをどうやって? と思うかもしれないけれど、一言でいうとクラウドソーシング系のサイトに登録して、日々登録される案件から今来ている、あるいは今後来そうな稼ぎのトレンドというものを観察していたんだよね。

クラウドソーシングとは何か? なんだけれど、要するにネット上に様々なお仕事が登録されて、それに対して見積りを出して受注する、という仕組みだ。こういう仕組みは昔からあったけれど、ユーザーがネット慣れしたせいか地元のシステム会社やデザイン会社を探すよりも、ネットで探す人が増えていて、しかも複数の見積りがとれて基本無料ということもあってか、登録していればなにかしらのアンテナに引っかかるというメリットがクライアントにもフリーランス側にもある。

では、なぜクラウドソーシング系で儲かる仕組みが分かるかというと、単純に言えば、アイデアはあるけれど、それを再現できるだけの知識や技術がない、という人が主に利用するからだ。
「こうすれば儲かる」というタイミングとか場所というのは、そこかしこに点在していて、それをたまたま見つけた人がいて、自動化、システム化をしたら儲かるんじゃないか? でも、自分にはそれができない。そうだ! ネットでプロを募集しよう! という思考ばかりなんだよね。

だから、ある意味スキルがあって儲けのアイデアがなければ、クラウドソーシング系のサイトに登録して儲けの種を見つければ、成功する確率は高くなるというわけだ。
私はクラウドソーシング系のサイトをウォッチするためのツールを開発して、情報収集を自動化することに成功した。
色んなビジネスモデルを見てきたんだけれど、これは! というものが見つかったので今年の後半からチャレンジすることにしている。
そのプロジェクトが「バズ・マニアックス」というわけだ。

関連記事