ワードプレスプラグイン ShootingLogStar講座 レッスン6属性分けされた見込み客にアクセスする方法

前回、自らの素性を語るバカはいないということを話しました。なぜなら属性分けされると最大利益が得にくいためです。

属性分けされた見込み客リストが高く売れることは分かっても、ユーザーが属性の特定を避けようとしている昨今、属性分けされた見込み客を見付けるにはどうすればいいのでしょうか?

sls-customer

ひとつには前述したオンラインゲームやSNSの活用が挙げられます。

特にSNSは既にユーザーの属性が可視化されており、ユーザー同士がコミュニケーションを自由にとることができます。
しかし、問題があってSNSでセールスをかけられるユーザーリストというのは、自分と面識があり信頼関係がある人だけです。これならわざわざSNSを使わなくても電話一本かければ済むことになります。

知らない人にメッセージを送っても無視されるのがオチです。ヘタをすると報告されてしまいます。
なので、知っている人に限定するとすぐにリストは消費されてしまうことになります。
新規に顧客を開拓するためには、積極的に友達の友達を増やしていくなどの活動が必要となります。
あるいは自分でSNSサービスを始めるしかありません。

で、話は「それができれば苦労しないんだよ……」となります。
ここまでが前置きです。前置きが長かったですね。

では、個人が属性分けされた見込み客にアクセスする方法というのはあるのでしょうか?
あります。それがワードプレスプラグインです。

ポイント
  • SNSは属性分けされた見込み客の養殖場である

シューティングログスター

 

関連記事