ワードプレスプラグイン Tweet In2 WP講座 レッスン18
具体的な活用方法

ここまでの説明でTweet In2 WPが大変有用なツールであることは理解して頂けたと思います。
(もしここまでで分からないことがあればなんでもご質問下さい)

では、具体的な活用方法なのですが、活用は方法はひとつではありません。固定観念に囚われずに自由な発想を持って下さい。

Tweet In2 WPはニコ動風のマーキーがインパクトが強いため、マーキーを作るためのプラグインだと思われがちですが、これはあくまでも見せ方であって本質ではありません。見せ方にはついてはプラグインではなくjQueryの機能を使うことで実現できます。
本質はなにかというと、Twitterからコンテンツを持ってくることができる、ということにあります。

このことについてはトレンドアフィリエイトの項でも説明しましたね。
今やネットにはないレアな情報というのは、未来の情報(トレンドニュース)しかありません。
検索エンジンは即時性に弱いという話もしましたが、コンテンツで集客を考えるならトレンドニュースにニーズが偏っています。なぜかというと、ほとんどの情報はググれば出てくるからです。

ググっても出てこない情報は未来の情報(トレンドニュース)か人々が興味のない情報なのです。
ではトレンドに沿ったコンテンツを作ればいいかというと、いくつか問題があります。
それは新しいが故にネットに情報がないことです。そのため一次ソースに毛の生えた、似たようなコンテンツになってしまっています。

これでは差別化が難しいですよね。そこで、情報がない中にもバリエーションやコンテンツにゆらぎを作る必要があります。新情報は入手できなくてもネットの反応を取り上げることで補完ができるのです。
この方法はニュース番組がよくやっていますよね。新情報がなければ該当インタビューをしたり、識者に話をきいて繋ぐわけです。

逆に言えば、ニュースというのは主観が極力省かれているため、それがどういった社会的な影響をもたらすのかとか、それが一般の人々にどう受け取られるのかとか、ざっくり言ってどういう意味なのかといった親切さというものはありません。

そこに目を付ければ、Tweet In2 WPの活用アイデアが湧いてくるはずです。
まとめサイトが流行っていますが、わざわざまとめるためのサイトを探したり、掲示板から取得して編集する必要がなくなります。
Twitterのつぶやきはビッグデータでもあるので、自分独自の切り口でコンテンツをいくらでも調理でき、その材料は無料で手に入るのです。
コンテンツを作るという点でこれほど心強いものはありませんよね。

ブログを毎日自動的に更新したい時や、コンテンツにもっと厚みが欲しい時にはTweet In2 WPをお使い下さい。

さらに細かい個別の具体的な使い方については、個人差があるため購入していただいた方へ無料で相談に応じています。あなたのレベルにあった適切なアドバイスをプレゼントします。

ポイント
  • Tweet In2 WPはニコ動風のマーキーを作るためだけのプラグインではない
  • Tweet In2 WPブログを毎日自動的に更新したい時やコンテンツにもっと厚みが欲しい時に活用できる

関連記事