この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


ワードプレス魔改造 オートブログ講座2 第六回目 人気記事だけらけにする人気記事アライバー

ツイッターボット編が終わり新連載です。
ワードプレスで記事の人気度を測り、人気のない不要記事を削除し、人気記事だけにする方法です。人気記事アライバーと名付けました。
ワードプレスは投稿の手軽さから記事が増やしやすいというメリットがありますが、中にはアクセスにまったく貢献しない記事というのもあります。

アクセスのない記事が増えてくると、検索エンジンからの直帰率が高くなり、無駄な情報が多いサイトと評価されやすくなります。
そこで、例えば30日間でアクセス数が10件も行かないコンテンツは削除したり、非公開フォルダに移したりできたら便利ですよね。
私は2万ページほどあった記事を自動的にリストラして約4000件にまで減らしました。安いサーバーで2万件も記事を入れるとデータベースが肥大化して、まともに動かなくなります。
記事数を減らしてワードプレスを軽くして、なおかつ貢献度の大きい記事だけにする、というのはプラグインでもありそうでないアイデアです。

結論を先に書いてしまうと、アクセスのある記事というのは内容が同じでも、タイトルによって決まります。
内容がなくてもタイトルだけでアクセス数に100倍近く差が出ることもあるので、真面目に記事を書くのもいいですが、やはりタイトルを工夫するのが近道だということが分かります。
しかし、どんなタイトルがウケるかについてはやってみないと分かりません。それこそたくさん投稿して、たくさん失敗を繰り返すしかないのです。

失敗を繰り返していくと困るのが、余計なページがいつまでも残ってしまうことですね。
人気のあるコンテンツはプラグインで分かりますが、逆に人気のないコンテンツというのは把握しにくいものです。
人気のないコンテンツをあとで振り返り、反省材料とすることもできますね。
仕組みは人気記事アライバーを導入すれば自動化できます。

考え方としては、テンプレートファイルの方でアクセス数を記録し、ワードプレスの擬似Cron機能で定期的に不人気記事を処理する、という流れです。簡単と言えば簡単なのですが、色々と面倒な問題もあります。
それはネットを徘徊するボット(bot)プログラムです。ボットプログラムは近年増え続け、アクセス解析では自動的にフィルリングされて表面には出てこないことも多いのですが、生のログ記録を見るとやたらと多いことが分かります。

ボットのアクセスもカウントしてしまうと、その記事が本当に人気があるのかが分からなくなるため、ボットプログラムは弾くというちょっとしたテクニックも必要となります。

まずやることはプラグインの導入です。このプラグインはなくてもいいのですが、あると便利なので紹介します。
「AJAX Hits Counter + Popular Posts Widget」というプラグインで、その名の通りアクセスカウンターです。くわえてウィジェットとして人気記事を表示することもできます。

左サイドメニューの [ プラグイン ] から [ 新規追加 ] をクリックして「AJAX Hits Counter + Popular Posts Widget」で検索し、インストール後、有効化して下さい。これで自動的にアクセスをカウントしてくれます。
次に左サイドメニューの「AJAX Hits Counter」をクリックして設定をします。

AJAX Hits Counterの設定
AJAX Hits Counterの設定

チェックボックスにチェックを入れて [ 変更保存 ] ボタンをクリックします。これで動作が速くなります。

次にやることは管理画面のカスタマイズです。
左サイドメニューの [ 投稿 ] → [ 投稿一覧 ] をクリックすると投稿の一覧が表示されると思います。
投稿一覧には項目(カラム)があると思います。

投稿一覧には項目(カラム)がある
投稿一覧には項目(カラム)がある

ここに新規「ビュー」と「UA」という項目を追加します。ここに表示させるデータは投稿記事のカスタムフィールドから持ってきています。まだ「ビュー」と「UA」のカスタムフィールドはありませんが、先に表示項目だけ作っておきます。

管理画面をカスタマイズするにはテーマフォルダにある「functions.php」をいじります。
「functions.php」を編集し以下のコードを追加します。追加する場所は自由ですが、行頭か行末がいいでしょう。

関連記事