この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


起業素人が成功するヒント セミナー感想

この間、某セミナーに参加してきました。
みなさんに関係する面白いネタがあったので、長岡式とミックスでご紹介します。
「起業素人が成功するヒント」というテーマなのですが、非常にシンプルです。
来日している外国人労働者でもできることが起業のヒントになります。

外国人労働者というのは、

・(日本の文化に対する)知識は(日本人より)ない
・(日本での)コネがない
・(日本での)経験がない
・(日本での)信用がない
・カネがない

といった様々なマイナス要因を抱えています。
そういった悪環境の中で起業して生計を立てられる分野というのは現地の日本人であれば、比較的簡単に起業ができることを示唆しています。

例えば、我々は起業を考えると、お金がない、時間がない、コネがない、といった様々なことを理由に見送りがちです。

そこでよく質問に挙がるのは、「いわゆる起業素人が成功するには?」だと思います。明確な答えはありませんが、大変大きなヒントになるのが、先ほど紹介した「外国人労働者でもできることが起業のヒントになる」です。

なぜかというと、我々よりも想定される条件が悪いからです。
よくある「小さな子供を持つ主婦」よりも起業をする条件は悪いと思います。
では、外国人労働者でもできることはなにか?
すぐに思いつくのが、外国人であることを活かした仕事です。

例えば、英語圏の人であれば英語講師、中国人であれば中華料理などです。
しかし、これらは我々が求めている起業とは少し違うと思います。
ポイントは悪条件下でも起業しやすい方法はなにか? だからです。
その方法を知るヒントになるのが、外国人労働者の名前と職種です。
あるいは外国風の店名です。
外国人労働者の名前は日本語名と全く異なるのですぐに判別ができますよね。

では、どうやってそのリストを手に入れるか?
これは手っとり早いのが職業電話帳です。

NTTの回線を持っていれば毎年無料で手に入るタウンページやハローページを見ればいい、ということになります。ネットからでも検索はできますよね。
私がさっそくひとつ見つけたのは、整体でした。

整体は現在いろいろと流派があるのですが、エステなどと違い免許がいらないため、起業のハードルは低いのです。
一坪からはじめられ、、囲いなどがあればOKです。
移動できる折り畳みのベッドがあるとなおよし。デパートやスーパーなどのデッドスペースを借りて始められるため小資金でOKです。手技については経験を積まなければなりませんが、コストがほとんど掛からないため利益率は高いのです。

私の住んでいる地域では、この分野で多くの人が起業をしていることが分かりました。1駅区間におよそ10件。50メートルおきに整体屋さんがあったのです。そのうち4件は台湾系中国人、韓国人、中国人でした。

あと面白いところで「並び屋」というのがありました。
どんな仕事をするのかというと、朝イチで並んでパチンコのいい台を取る、
新発売された商品を並んで買う、といった並んで用事を足すだけ。
実際簡単でもやらない、やりたがらない仕事ですが、需要があるのは想像できますよね。

みなさんの起業したいネタがあると思うので「これでやれ」とは言えませんが大きなヒントになると思います。
この話のポイントは、自分が失敗するのが怖いのなら、自分よりも失敗しやすく、そして真面目にチャレンジしたらどうなっていたか? という結果の先読みにあります。

関連記事