この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


ワードプレス×ツイッターによる無料でできるオートブログ 第一回目 概要図

今回からはじまったワードプレスを使った無料で構築できるオートブログ講座ですが、まずは以下のオートブログの概要図を見て下さい。

オートブログ概要図
オートブログ概要図

簡単に説明すると、RSSフィードから自動的にコンテンツを生成し、ツイッターに自動的に投稿します。さらにメルマガも定期的に自動的に配信します。読者の登録や退会なども自動で行われます。

従来のSEO的なセオリーで行くと、オリジナルコンテンツを毎日こまめに投稿し、検索エンジンに巡回されることでページがたくさんインデックスされ、検索結果の上位にランクインをすれば徐々にアクセスが増えて、それに応じてクリック率が高くなる、という流れなのですが、この方法の欠点は時間と手間が掛かることです。
投資分がリターンするまでおそらくは最低でも半年から一年は掛かります。もしかすると、リターンがないかもしれません。

そこで、どうにかキャッシュ・フローを短縮できないかと考えて思い付いたのがオートブログというテクニックです。集客の要であり、なにかと足枷になるSEOを攻略するよりも、迂回してしまった方がうまくいくのでは? と考えて編み出されたテクニックです。

検索エンジンという不確定要素から横にズレることで、集客の問題を一挙に解決できます。
SEOが関係のないリアルタイムにユーザーが活動するツイッターを集客の要にしようというわけです。
RSSで取得したデータを定期的にツイッターでつぶやくことで、フォロワーを獲得できます。
ツイッターの良い所はつぶやきは即検索に反映されるため、タイムリーにタイムラインに表示させることができます。

そういった意味でいうと、SEOと比べるとツイッターの即時性は異常に速いのです。
例えば、フォロワーを獲得するために自らフォローを繰り返すだけで、すぐにフォロワーを1000人ほど獲得できます。メルマガで読者を自然に1000人集めることを考えるとその差は歴然です。
ツイッターの方があっという間に集まってしまいます。
もちろん文字数など様々な制限はありますが、不確実で時間のかかるSEOに比べれば、メリットは大きいと言えます。

ただし、デメリットもあります。グーグルアドセンスなどの広告は、RSSで作ったオリジナルコンテンツのないサイトへの広告はペナルティになる可能性が高いため、ブログにはアフィリエイト広告を載せられません。
自分のオリジナルの商品がある場合はバナーを張ってもいいのですが、規約の厳しいアフィリエイトプログラムでは、RSSで生成したブログに使うことは難しいと思われます。
探せば緩いアフィリエイトプログラムも沢山あるのですが、アドセンスと比べると成約率が低いのでおすすめできません。

では、オリジナル商品がない人はどこでアフィリエイト広告を載せるのかというと、メルマガとツイッターのDM内で行います。
メルマガやメッセージ内ではSEOは関係がないため、広告リンクを自由に貼り付けることが可能です。
つまり、一旦ワンクッションをおいて、メルマガやメッセージ内に張ったリンクから、ホワイトブログ(ペナルティ要素が一切無いブログ)に誘導すればいいわけです。
メルマガ内、あるいはこのブログに広告を載せることができます。
概要は大体こんな感じです。

関連記事