この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


ワードプレス×ツイッターによる無料でできるオートブログ 第ニ回目 プラグインの日本語化

今回はワードプレスを使いやすくるためのプラグインの日本語化について説明します。
ワードプレスは有志の方がプラグインを作ってくれていますが、そのほとんが日本語圏外の方です。
なので、プラグインの設定も英語がほとんどです。

そこで使いやすくするためにプラグインの日本語化をしましょう。日本語化のことを別名ローカライズとか地域化とも呼びます。
日本語化をする方法は2つあります。1つは既に誰かが日本語化をしていれば日本語化パッチファイルを入手する方法と、自分で日本語化する方法です。

メジャーなプラグインは日本語化しているものが多いのですが、そうでないものは英語版です。
オートブログ講座で使用するプラグインも日本語版がないものがほとんどなので、自力で日本語化をしましょう。

この作業は覚えておいて決して損はないものです。日本語したパッチファイルについては私の方で配布をするので、実質的な作業はそのファイルをインストールすることだけとなります。

日本語化についてもう少しだけ説明を付け加えると、プラグインでも日本語化できるものと、できないものと、できるけれど全てではないものがあります。というのも、全てはプラグインの作者の設定に掛かっているためです。

例えば、「保存をする」というボタンを日本語化する場合、プラグイン側でその文言があとでいじられるように記号で囲んでおく必要があります。つまり、ある記号で囲まれた文言は、あとでユーザー任意の言語に置き換えることができます。この囲みが不完全であったりすると、文言を修正できないことになります。
やろうとするとプラグインファイルを開き、直接PHPスクリプトを書き換える必要があります。

直接書き換えてもいいのですが、問題はプラグインのアップデートです。アップデートをすると書き換えた箇所が上書きされてしまうので、また変更をしなければならないデメリットがあります。
これを避けるためにも、作者側で変更できる文言を記号で囲むわけです。

大抵は記号として使われるものには「_e」とか「__」といったものがあります。
例えば、以下の様な「Hello」と表示するコードがあるとします。

echo “Hello”;

これをあとでローカライズできるようにするには、このようにします。

echo __(“Hello” ,”sample”);

二重引用符や一重引用符は文字列とプログラムの関数や記号が区別できるようにするためのものです。
カンマのあとで「sample」と書かれたものはプラグイン名を指定します。
このようにプラグインの作者が予めスクリプトに仕込んでおいてくれると、日本語化がしやすくなるというわけです。逆に言えば、日本語ができない箇所があったら、そこは上記のように「仕込まれていない」と思って下さい。

で、手順なのですが、まずはプラグインをダウンロードしてインストールをしたら、インストールをしたフォルダに「.pot」ファイルがあるかどうか調べて下さい。
フォルダの中を見るためにはFTPソフトなどでフォルダを開きます。
FTPソフトの使い方についてはネットにたくさん情報があるので調べて下さい。

場所はデフォルトでは以下のようになっているはずです。

インストールフォルダ/wp-content/plugins/プラグイン名

プラグインのフォルダを覗くと、色んなファイルが入っています。
例えば、sampleという名前のプラグインの場合は、おそらくは「sample.pot」というファイルがあると思います。
ない場合は、言語ファイルを格納するためのフォルダに入っている場合もあります。
「lang」とか「languages」というフォルダがあればその中を探して下さい。
多言語に対応したプラグインともなると、翻訳された国の数だけファイルが増えるので、このような別のフォルダに格納されていたりします。

「.pot」ファイルがあれば日本語化ができます。なければ諦めて下さい。
プラグインの中ではバッググラウンドで動く直接いじることのないもや、設定の少ない小さなプログラムには「.pot」ファイルがない場合もあります。単純に「無い」場合もあります。しかし、ほとんどのプラグインには「.pot」ファイルがあると思うので安心して下さい。

この「.pot」ファイルはテキストファイルで、何が書かれているかというと、どのファイルの何行目に何が書かれているか書かれています。つまり、日本語化できる文字列の住所が書かれているのです。
「.pot」ファイルも自分で作られるのですが、えらく面倒なので割愛します。

「.pot」ファイルを見つけたら対訳する作業に入ります。
翻訳をするためのツールとしてはという便利なエディタがあるので、これを使います。

まずは本家の配布サイトから「Poedit」をダウンロードします。
Windowsの人はWindows版、Macの人はMac版をダウンロードして下さい。

関連記事