この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


ロリポップサーバーからwpXサーバーに引っ越しするコツ&ムームードメインとバリュードメインのDNS切り替える方法 後編

続きです。
今回はwpXサーバー側の準備です。

wpX

wpX(

wpXサーバーは14日間の試用期間があります。申し込みはサーバーの引っ越しが完了してから行います。まずは会員登録をします。
会員登録をしたら管理パネルにログインします。

最初にすることはドメインの追加です。

ドメイン追加設定をクリック
ドメイン追加設定をクリック
ドメイン追加をクリックする
ドメイン追加をクリックする

所持しているドメインを入力し「web認証」をチェックし [ ドメインの追加(確認) ] ボタンをクリックします
所持しているドメインを入力し「web認証」をチェックし [ ドメインの追加(確認) ] ボタンをクリックします
ドメインが本当にあなたのものか確認する作業があります。ポイントは「web認証」を選ぶことです。指定するファイルを引っ越し元の旧サーバーにアップロードします。他にも認証方法がありますが時間が掛かる可能性があるので「web認証」がおすすめです。

次にワードプレスのインストールです。

新規インストールをクリックします
新規インストールをクリックします
新規インストールをクリックします
新規インストールをクリックします

必要事項を入力し [ 次へ進む ] ボタンをクリックします
必要事項を入力し [ 次へ進む ] ボタンをクリックします
サイトの情報はデーターベースを復元すると上書きされるので、適当な情報でOKです。

インストールから完了したらWordpress一覧・設定をクリックして [  設定 ] をクリックします。
インストールから完了したらWordpress一覧・設定をクリックして [ 設定 ] をクリックします。
FTPを有効にします
FTPを有効にします
設定変更をクリックする
設定変更をクリックする
上記のように設定して [ 設定変更・確認 ] ボタンをクリックします
上記のように設定して [ 設定変更(確認) ] ボタンをクリックします
データーベースを復元します
データーベースを復元します

参照ボタンを押してエクスポートしたデータベースファイルを選択し [ インポート実行 ] ボタンをクリックします
参照ボタンを押してエクスポートしたデータベースファイルを選択し [ インポート実行 ] ボタンをクリックします
インポートに成功すれば「成功しました」と表示されます。もし処理が途中で飛んだり、成功しない場合はファイルのアップロード上限を超えているか接頭辞が「wp_」になっていない可能性があります。特にアップロード上限が超える場合は、メッセージも出ずに管理パネルトップページに飛びます(汗)前編に戻ってデータを今一度確認します。目安は40MB以下! 全てのデータベースファイルを復元します。

.htaccessファイルを編集します
.htaccessファイルを編集します

次に「.htaccess」ファイルを編集します。編集する内容は旧サーバーの設定を引き継ぎたければ、「旧.htaccess」ファイルの必要な箇所だけをコピー&ペーストします。最低限必要な記述は以下の通りです。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

.htaccessを編集し [ 設定を保存する(確認) ] ボタンをクリックします
.htaccessを編集し [ 設定を保存する(確認) ] ボタンをクリックします
以上でwpX管理パネルの最低限の設定は終わりです。
次は実際にワードプレスにアクセスしてみてデータが復元されているかを確認します。確認するためにはドメインのDNSの切り替えが必要です。

ムームードメインとバリュードメインで簡単に説明します。
ムームードメインの場合は以下のようにします。

ムームードメインにログインして対象のドメインを選択
ムームードメインにログインして対象のドメインを選択
GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する をチェックしwpXのルームサーバ情報を上記のように入力します
GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する をチェックしwpXのルームサーバ情報を上記のように入力し [ ネームサーバ設定変更 ] ボタンをクリックします
上記のように設定されれば24~48時間以内にDNSが切り替わります
上記のように設定されれば24~48時間以内にDNSが切り替わります

DNSの切り替えは早くて1時間。遅くて48時間ほど掛かるので、先に新サーバーに直接アクセスして最終設定を行います。

Windowsであればhostsファイルを編集することで新サーバーを一足先にみることが可能です。hostsファイルを編集しないと、DNSが切り替わるまで新サーバーを見ることが出来ません。hostsファイルの編集については、公式の移転マニュアルの「移転後の動作確認方法」の項を参考にして下さい。

▼Wpxへの WordPressの移転 マニュアル

wpX(

新サーバーにアクセスし、ワードプレスがちゃんと表示されるかを確認します。管理画面にログインできるかどうかも確認しておきます。
(新サーバーと旧サーバーの見分け方は、なにか適当なファイルをアップロードしておいて、そのファイルが見られることで判別します)

最後にバックアップしておいた「wp-content」フォルダをFTPで新サーバーにアップロードして上書きします。
アップロードが終わったら管理画面にログインをして、プラグインをひとつひとつ地道に有効にして、ちゃんと動くか確認します。
もし特定のプラグインを有効にすることで動作がおかしくなるようであれば、そのプラグインのフォルダをFTPで削除して無効にします。

関連記事