EC-CUBEで低価格高機能ネットショップを作ろう その1 導入編

EC-CUBEで低価格で高機能なネットショップを作ろう、ということで始まりました新企画です。
いまさらネットショップという感もありますが、今こそ「ネットショップ」なのです。
というのも、昔と違ってネットショップのシステムが格安になった、サーバー代が非常に安くなった、ということが理由です。

以前はシステム屋とデザイン屋に何十万かで制作してもらっていたものが、自前で月々サーバー代105円から持つことができてしまいます(安いですね105円って…)。
ネットショップのシステムはオープンウェアであるため無料なので、掛かるのは最低サーバー代というわけです。

ただし、もちろんそのままでは使えないため、自前で改造する必要があり、その人件費については含めていません。というわけで、改造(カスタマイズ)の方法を学んでいこう、というのがこのコラムの目的です。

既に名前が出ていますが、使うネットショップのパッケージ名はEC-CUBE(イーシーキューブ)というものです。
誰でも無料で使えるオープンウェアで、商用利用も可能です。
(オープンソースライセンスであるGPL=一般公有使用許諾書 に基づいて開発されたソフトで、一般的にフリーソフトと呼ばれる部類に入る)

システム会社が改造してクライアントに納品する場合だけ、有料でライセンス登録もできますが、今回は関係がありません。

で、EC-CUBEの長所ですが、以下の通りです。

1.オープンウェアで無料である
2.カスタマイズすることで比較的自由なサイトが構築できる
3.電子書籍などのダウンロードコンテンツに対応している
4.スマホやガラケーでも見ることができる
5.プラグイン(追加機能)が充実している
6.定期的にバージョンアップされて進化している
7.サポートフォーラムがある

逆にEC-CUBEの短所もあります。以下の通りです。

1.なにがあっても自己責任である
2.デザインテンプレートなどは自分で用意しなければならない
3.データベースとPHPが使えるサーバーでなけば稼働しない
4.商品点数が増えると速度が低下することもある(MySQLの場合)
5.たまにバグがある
6.改造マニュアルや仕様書がない
7.サポートフォーラムがあるが素人には分からないこともある
8.難しいことをしようとすると有料サポートを頼まないといけない

どんなシステムでもそうですが、難しいことをしようとするとお金が掛かります。
それが高いと思うか、安いと思うかの判断はお任せしますが、普通によくある一般的なショッピングサイトを作るには十分だと思われます。

改造する知識がなくても、有志の無料プラグインによってある程度のカスタマイズができるのも嬉しいですね。
強いて問題があるとするならば、なんでも自己責任というところでしょうか。
たまに脆弱性が見つかる場合がありますが、もしなにかしらの損害があっても、自己責任となります。
修正パッチが出たらできるだけ早く対応しましょう。

ではまず、インストールのための準備についてです。
EC-CUBEをインストールするためには、インストールできる環境が必要です。
どのサーバーでも稼働するわけではなく、PHPという言語とMySQL(マイ・エスキューエル)かPostgreSQL(ポストグレ・エスキューエル)というデータベースが使えることが前提となります。
いわゆるCGI(Perl)というものではないのでご注意下さい。

公式サイトでは稼働には以下の要件が必要とあります。
(2013年5月28日現在)

▼システム要件

ECサイト構築・リニューアルなら「EC-CUBE」。ASPではできなかった独自性の高いECサイトが、無料で手に入ります。

EC-CUBE システム要件
EC-CUBE システム要件

もしお使いのサーバーが対応していなければ、公式サイトにはEC-CUBEが問題なく稼働するオフィシャルパートナーが紹介されています。

▼EC-CUBEが使えるレンタルサーバ

EC-CUBEが使えるレンタルサーバ、ECサイト構築・リニューアルなら「EC-CUBE」。ASPではできなかった独自性の高いECサイトが、無料で手に入ります。

商用利用で、商品点数が1000点以上の中から大規模サイトを構築する場合は、PostgreSQLが使える「WADAX」が人気です。
初心者でも簡単にインストールできる簡単インストール機能がついています。
初期費用¥3,000~で、月々¥1,995~使えます。

▼WADAX

レンタルサーバーのワダックスは、お客様満足度99%。365日無料・応答率平均92.8%のつながる電話サポートとセコムの不正侵入検知防御(IPS)標準搭載で安心。WAF、Webサイト

それほど大きくはない小規模サイトを構築する場合は、ロリポップサーバーがお薦めです。
月々105円から(ドメイン代は除く)で、EC-CUBEのインストールも一発で可能です。
私もロリポップを使っています。問題なく使えているので、とりあえずやってみようという方はロリポップがお薦めです。インストールで躓くことがないのが嬉しいですね。

▼ロリポップサーバー コロリポプラン

http://lolipop.jp/service/plan-cololipo/

次に、上記以外のサーバーで、自分でインストールをしなければならない(自動インストールがない)場合についてです。
その場合は、EC-CUBEのオフィシャルサイトからパッケージをダウンロードをします。

▼EC-CUBEのダウンロード

http://www.ec-cube.net/download/

続く。

次回は、インストール方法について説明します。

関連記事