ワードプレスオリジナルプラグイン
WP Rss Post マニュアル

ワードプレスプラグイン WP Rss Post
ワードプレスプラグイン WP Rss Post

概要

このプラグイン「WP-Rss Post」はRSSフィードを取得してWordPressに自動投稿できます。
フィードごとに巡回間隔や投稿者、投稿カテゴリ、投稿タイプ、タグ、カスタムフィールドが設定できます。
またNGワードとOKワードでフィルタリングすることが出来ます。

使い方

WP-Rss Postの設定から [ フィード登録 ] を選択します。
最低限「フィードURL」に取得したいRSSフィードのURLを入力し [ 登録 ] ボタンを保存し保存して下さい。

RSS記事を投稿する設定はRSS個別に設定もできますが、全体設定も可能です。
全体設定は [ 設定 ] → [ 投稿設定 ] から可能です。
フィードを巡回する間隔は [ 設定 ] → [ 巡回設定 ] から可能です。

検索エンジン対策

RSSフィードをワードプレスにそのまま投稿すると、場合によっては検索エンジンからペナルティを受けることがあります。
これを回避する方法として、メタキーワードに検索エンジンがインデクスを無視する「noindex」を設定します。

「noindex」を設定する場合は [ 投稿設定 ] タブを選択し「追加するカスタムフィールド」に「noindex::true」を追加します。さらに「任意のカスタムフィールドが設定されている個別記事をロボットに巡回させない」で「させない」を選択します。

フィルタリング

RSSフィードには好ましくないフィードが含まれている場合があります。
特定のキーワードを拒否したり、特定のキーワードだけを取得する場合は [ 巡回設定 ] タブを選択し、「含めないNGワード」または「含めるOKワード」でキーワードを指定します。