対話システムと人との対話における破綻理由の分類(その5)の仕事 [学術・研究]

依頼のジャンル
学術・研究
依頼の目的・背景
■ 依頼の概要

 対話システムと人との日本語による雑談において、システムの発話が人の発話に対して破綻している箇所を示した事例を集めたがデータがあります。
 これらの箇所に対して、どのような種類の破綻であるかを判定する作業を行って頂ける方を募集します。

 ※年度末につき、期日厳守でお願い致します。


■作業要領

【1】プロジェクトの開始後、メッセージの添付ファイルとして作業データをお送り致します。

   ・ZIP形式で圧縮されていますので、展開して下さい。
   ・作業データには、
     (1)対話データ(幾つかのエクセルファイル(マクロが含まれています)に分割されています。)
     (1)破綻理由の判別を行うためのアノテーション手順書
     (2)作業ファイル上での破綻理由の入力作業の作業手順書(添付のサンプルをご覧ください)
     (3)破綻理由の入力サンプル

   ※破綻理由の分類を行う対象の対話は、全部で80対話あります。
   ※各対話は人とシステムとが交互に10回ずつの発話からなります。

【2】まず、アノテーション手順書を良く読み、破綻理由の分類をよく理解してください。
   また、破綻理由の入力サンプルを見て、自分の理解を確認してください。

   ※良く理解できない点などがある場合には、どうぞお気軽にご質問下さい。

【3】対話データのエクセルファイル上で、作業手順書に従って、セルの背景が水色に塗られた箇所に、
   破綻理由を入力して頂きます。

   ※この作業時間はおよそ12~16時間ほどです。


■納品形式

 破綻理由の入力後、ファイルをZIP形式で圧縮し、納品して頂きます。

 ※入力に不備がないかチェックを行いますので、その確認が完了してから、作業完了とさせて頂きます。


■ 作業者の要件

【MUST】
 ・日本語のネイティブの方
 ・エクセルでの作業ができる方
 ・ZIPファイルの解凍ができる方

【WANT】
 ・日本語文法、言語学や自然言語処理などについて知識や興味がある方を歓迎します。


■報酬について

 報酬金額については、ワーカー様の手取り金額は、一律1万円(税抜)で、お願い致します。

 その他何かご不明な点がございましたら、お気軽にご質問下さい。
 どうぞ宜しくお願い致します。


作業数
設定なし

応募はこちらから