「生産性」に取り憑かれた男は、そこからなにを学んだか?

『世界一の生産性バカが1年間、命がけで試してわかった25のこと』(クリス・ベイリー著、服部京子訳、TAC出版)とは、なんともインパクトのあるタイトルです。著者は高校生のころ「生産性」に関心を持ちはじめたそうで、以来この10年の大部分に生産性を取り入れてきたというのです。では、生産性に関心を向けると、どのような効果が期待できるのでしょうか?このことについて語るにあたり、著者は平均的なアメリカ人が1日

関連記事