フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

【Laravel】Laravelでよく使うroute()とview()とredirect()まとめ

画面遷移系の関数でちょくちょくこんがらがるのでまとめときます

例としてここでのルーティングは以下の通りです

web.php
Route::resource('users', 'UsersController');

route()

View側でURLを指定するときに使用

<!-- 省略 -->
<a href="">編集する</a>
<form method="POST" action="">
    
    
    <button type="submit" onclick="return window.confirm('削除しますか?');">
        <span>削除する</span>
    </button>
</form>
<!-- 省略 -->

view()

Controllerで特定のViewを表示させたいときに使用

UsersController.php
    public function edit($id)
    {
        return view('user.edit', ['user' => User::find($id)]);
    }

表示させるときに変数を定義してViewに渡すことができる

user/edit.blade.php
@if (!empty($user->name))
    
@endif

redirect()

Controllerで特定のページへリダイレクトさせたいときに使用

以下例

UsersController.php
    public function destroy($id)
    {
        $user = User::find($id);

        // 処理やら

        if ($user->delete()) {
            return redirect('/top')->with('message', '削除しました。');
        }
        return redirect('/top')->with('message', 'エラー');
    }

with()を付けとくと遷移先でメッセージなどを表示させることができる

index.blade.php
@if (Session::has('message'))
    <p></p>
@endif

参考

[紹介元] PHPタグが付けられた新着投稿 – Qiita 【Laravel】Laravelでよく使うroute()とview()とredirect()まとめ

コメント

記事に戻る

コメントを残す