フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

【Windows10】Laravel導入まとめ

PHPのインストール

ここから各OSに合わせてダウンロード、インストールする

Composerのインストール

  1. ここにアクセスする
  2. Downloadを選択
  3. Composer-Setup.exeをクリックしてダウンロード、実行
モードの選択

Developer mode(開発者モード)にチェックを入れると、アンインストーラが含まれません。
1.png

パスの変更

インストールしたPHPのパスが表示されます。
基本的にデフォのままでokです。
2.png

プロキシの利用設定

プロキシを利用する場合は設定を行います。
利用しない場合はそのままNextをクリック。
3.png

Installをクリック

4.png

インストールが終わるとこのような画面が表示されます。
5.png

Google翻訳にかけるとこうなりました。

情報
続行する前に、以下の情報をお読みください。

重要
セットアップによって環境が変更されましたが、実行中のプログラムのすべてがこのことに気づくわけではありません。 Composerをはじめて使用するには、次のいずれかを実行する必要があります。

  • 新しいコマンドウィンドウを開きます。
  • すべてのファイルエクスプローラウィンドウを閉じてから、新しいコマンドウィンドウを開きます。
  • もう一度ログオフしてログオンし、新しいコマンドウィンドウを開きます。

Laravelのインストール

コマンドプロンプトから以下のスクリプトを実行

HOGEというプロジェクトを試しに作ってみます。

composer create-project laravel/laravel --prefer-dist HOGE
プロジェクトディレクトリに移動

先程プロジェクトを作成した時にできたディレクトリへ移動します。

cd HOGE
以下のスクリプトを実行
php -S localhost:8000 -t public
アクセスしてみる

ブラウザを起動し、localhost:8000にアクセスします。

Laravelのスタート画面が表示されればokです。
6.png

[紹介元] PHPタグが付けられた新着投稿 – Qiita 【Windows10】Laravel導入まとめ

コメント

記事に戻る

コメントを残す