フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

ウェブの父が現状に失望「ツイッターに憎しみを一滴垂らすと、どんどん増殖していくように感じられる」

ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の仕組みを発明し「ウェブの父」と呼ばれる英国の科学者ティム・バーナーズ・リー氏は、ウェブの現状に失望しているという。

中略

「ウェブの現状に失望している」とし、「個人の力を高めようという感情が失われてしまった。楽観論が崩れてしまったと多少感じている」と述べた。

同氏は、ソーシャルメディアが憎しみを拡散させるために使われていると批判。「ツイッターに愛を一滴垂らしても愛は朽ちていくように見えるが、憎しみを一滴垂らすと、どんどん増殖していくように感じられる。そしてこんな疑問がわく。ツイッターがメディアとしてそのように作られていることが原因なのかと」と語った。
jp.reuters.com/article/technology-www-idJPKCN1N70IS

続きを読む

コメント

記事に戻る

コメントを残す