フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

エンジニア知識不要!【1記事6000円】WEBプログラミングブログ記事制作

☆───────────────────────
■どんな想いで募集を依頼しているか■
───────────────────────☆

【1】私たち「株式会社侍」とは

私たちは、2013年に世界的にも珍しい日本初のプログラミングマンツーマン指導【侍エンジニア塾】のサービスを開始しました。 これまで「7000名以上」の指導実績があり、より多くの人が”好きな時に好きな場所で”働けるライフスタイルを実現するための学習プラットフォームを提供しております。

【2】私たちが目指す未来

学校教育に変わるエンジニア教育を世の中に打ち出したいと考えています。
そこで教育の4要素である、

(1)コンテンツ(オンデマンド教材・学習ノウハウ)
(2)コミュニティ(オンライン・オフラインコミュニティ)
(3)トレーニング(個別指導)
(4)プラクティス (実践的学習)

を提供することで、教育の再発明を実現します。大学に行かなくても、日本中・世界中どこからでも、誰でも学習できる教育格差のない社会を目指します。

【3】今回のご依頼「侍エンジニア塾ブログ」

【『人生が変わるプログラミング』をすべての人に】というビジョンを掲げ、 月間330万人以上が訪れるメディア「侍エンジニア塾ブログ」にてプログラミング学習に関する情報を日々配信中です。

www.sejuku.net/blog/?cid=corp

※このメディアに掲載する専門的な記事をライティングしていただける、優秀なエンジニアの方を募集しています。

☆───────────────────────
■内容■
───────────────────────☆

「エンジニアの学習をしたい人向け」のコンテンツ制作をお願いいたします!

参考キーワードとして、

・プログラミングスクール
・フリーランスエンジニア
・フリーランスプログラマー
・プログラミング入門
・プログラミング学習
・プログラマー
・エンジニア
・アプリ開発

などのキーワードから、コンテンツ制作をしていただきます。

☆───────────────────────
■報酬について■
───────────────────────☆

・1記事に付き6000円〜(手数料込)

※テストライティング(最初の1記事)は1500円(手数料込)となります。

☆───────────────────────
■お仕事の5つのSTEP■
───────────────────────☆

【1】概要の伝達

ご連絡を頂いた後にお仕事のより詳しい内容をお伝えします。

【2】テストライティングのレギュレーション共有

テストライティング用の「キーワード」と「具体的なレギュレーション」を共有させていただきます。

【3】コンテンツ制作

お伝えするSTEPに沿って、実際にテストライティングで1記事、完成していただきます。

【4】コンテンツレビュー

テストライティング納品後、コンテンツを確認させていただきます。
※1記事1500円(手数料込)

【5】本ライティングスタート

テストライティング納品後は、1記事〜10記事程度など、複数の記事のご依頼を行わせていただきます。
※1記事6000円(手数料込)

「※「文字の色付け」「写真の貼り付け」「動画の貼り付け」「ブログへの反映」等の作業はございません。」

☆───────────────────────
■依頼の特徴■
───────────────────────☆

・お仕事のレギュレーション・STEPを細かくお伝えさせていただきます

・読者の方に読まれやすい「ライティングのポイント」をお伝えさせていただいております。

☆───────────────────────
■重視する点について■
───────────────────────☆

・エンジニアやプログラミングなどIT分野に興味を持てる方

・他のサイトからのコピーはNGです(お仕事のご依頼をキャンセルさせていただきます)

・誠実で責任もって作業して頂ける方

・納期を守れる方

・納品時に誤字・脱字のチェックをお願い致します(インターネットでチェックツールがあります)

「応募いただいた後はライティングのレギュレーションを詳しくお伝えをさせていただきます」

求めるスキル : 記事執筆・ライティング / JavaScript / CSS / PHP / Ruby / SQL
支払い方式 : 固定報酬制
予算 : 100,000円 〜 300,000円

コメント

記事に戻る

コメントを残す