フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

スクレイピングの倫理①海外のトラブル事例

概要

以下のようなHTMLで

<div class="main">
  <div class="deactive1"></div>
  <div class="deactive2"></div>
  <div class="deactive3"></div>
  <div class="deactive4"></div>
  <div class="deactive5"></div>
  <!-- 上の全ての要素を非表示にしたい -->
  <div id="app">
    vueとかで作ったアプリケーション
  </div>
</div>

.main内の#app以外の要素を非表示にしたいが、classもidもめちゃめちゃでセレクターで指定できない時があります。

そこで、not擬似クラスを使用して#app以外の要素にdisplay: noneを適用するcssを書いてみます

実装

.main>*:not(#app) {
    display: none;
}

これで以下のような感じになるはずです!:relaxed:

2.png

まとめ

意外にググっても出てこなかったのでまとめてみました。

SSIなどでHTMLがサーバーで自動挿入されるような場面で使えるのではないでしょうか?(実際に僕はそうでした:thinking:)

[紹介元] HTMLタグが付けられた新着投稿 – Qiita スクレイピングの倫理①海外のトラブル事例

コメント

記事に戻る

コメントを残す