トヨタ、ついに開発戦略を転換。水素(笑)からEVに本腰へ

やっぱりハイブリッドシステムだと日産が上だよなー トヨタは悪くないけど良いとは言えないねぇ
若い頃はマニュアル車使ってた可能性もあるお年寄りが、衝突後に慌ててバックしようとして操作間違える……ってのはまあ想像に難くない。 お年寄りが選びやすいんだけど、割とUIがハードモードなトヨタハイブリッドなのであった。
あの暴走事故ってアクアだったのか~トヨタのハイブリッドは危なっかしいな~(笑)
2016年 トヨタのハイブリッド特許が切れる
トヨタのハイブリッドシステムにはバックギアがない。 電気的にモーターを逆回転させて後退するんだぜ。 これ豆な。
道運転してると大抵下手くそなのがトヨタのハイブリッドと軽自動車なの、なんか相関関係あるでしょ
次はレヴォーグかトヨタのハイブリッドに乗りたいです
でも、受け取る側しだい。「プリウス?ハイブリッドで経済的!金銭感覚がしっかりしてる。」なのか「プリウス?ハイブリッドって元取れないのに、目の前の燃費に踊らされてる。」なのか「プリウス?トヨタだし、名前知ってるし安心。」なのか「プリウス?ダサっ。」なのか。
もう、ハイブリッドシステム分かんないんだけど‼️‼️ なんでアイドルが500切りそうになるんだ⁉️ 訳和歌山だし、トヨタはGWが一般の人のGWと同じだしついてなさ過ぎ
偉大な同級生はマツダアクセラセダンハイブリッドのハイブリッドシステムがトヨタ製なのを知らなさそう
トヨタのハイブリッドも未来を感じたけど、ドラえもんの世界を感じるのはテスラかな。脱ガソリン。
ハイブリッドシステムの調整無理だわ…トヨタのディーラー持ち込もう…

47

トヨタ自動車は、これまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなったという。

業界内で次世代自動車の主力はEVとの見方が強まる一方であることに加え、中国の政策に背中を押された形だ。

ごく最近までトヨタは、電気のみで走行する100%EVに背を向け、次世代車として水素式の燃料電池車(FCV)開発を積極的に進めていた。2013年、ガソリンと電気のハイブリッド車「プリウス」の生みの親の内山田竹志会長は、水素電池車は従来の燃焼エンジンに対する「実際的な代替役」だと語り、EVが使われるとしても近距離用に限定されるとの見通しを示した。

同社はモーター搭載式のハイブリッド車とプラグインハイブリッド車(PHV)が水素電池車への橋渡し的存在になると予想。14年にはついに初の水素電池車「MIRAI」の販売を開始した。

ところが昨年末、長距離走行可能な100%EVの開発を始めると表明し、豊田章男社長直々に指揮を執る新部門を立ち上げた。業界専門家によると、2020年ごろには販売にこぎ着けるはずだという。

あるトヨタ役員はこうした方針変更について「苦渋に満ち、胸が痛む」と表現している。

トヨタに姿勢を変えさせた大きな要因は、世界最大の市場である中国にある…

詳細はソース元で
http://jp.reuters.com/article/autoshow-shanghai-electric-idJPKBN17M08E

続きを読む

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/04/21(金) 16:46:18

      やっぱりハイブリッドシステムだと日産が上だよなー
      トヨタは悪くないけど良いとは言えないねぇ

    2. 匿名希望
      2017/04/22(土) 12:11:09

      若い頃はマニュアル車使ってた可能性もあるお年寄りが、衝突後に慌ててバックしようとして操作間違える……ってのはまあ想像に難くない。
      お年寄りが選びやすいんだけど、割とUIがハードモードなトヨタハイブリッドなのであった。

    3. 匿名希望
      2017/04/23(日) 13:58:21

      あの暴走事故ってアクアだったのか~トヨタのハイブリッドは危なっかしいな~(笑)

    4. 匿名希望
      2017/04/23(日) 13:58:21

      2016年 トヨタのハイブリッド特許が切れる

    5. 匿名希望
      2017/04/23(日) 13:58:21

      トヨタのハイブリッドシステムにはバックギアがない。
      電気的にモーターを逆回転させて後退するんだぜ。
      これ豆な。

    記事に戻る

関連記事