フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

ブラザー「プリンターのインク商法は通用しない時代になった」

 2

ブラザー曰く、プリンターのインク商法は難しくなっており、新製品では大容量モデルへの舵切りが必要になったという。

「『プリンターは安く、インクは高く』というビジネスはもう成立しない」

ブラザー工業が9月に開いた新製品発表会で、子会社ブラザー販売の三島勉社長は力説した。新機種の「ファーストタンク」シリーズは、インクカートリッジの容量を従来比10(3色)~16倍(黒)に増やした。毎月500枚印刷しても、交換は1年以上必要ない。

A4判対応2機種(想定本体価格約3万5千円、約4万円)の場合、1枚当たりの印刷コストはカラー3.7円、モノクロ0.7円と従来比で40~70%以上安い。印刷の機会が多い小規模店舗のニーズも狙う。
www.sankeibiz.jp/business/news/181105/bsb1811051850005-n1.htm

続きを読む

コメント

記事に戻る

コメントを残す