フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

世界で進むキャッシュレス化、現金なし決済比率は韓国96%、日本は2割以下

ApplePay

海外では現金を使わないキャッシュレス決済の普及が進んでいる。野村総合研究所によると、日本のキャッシュレス決済の比率(2016年)は2割を下回るという。

政府が2019年秋の消費増税に合わせて、現金を使わないキャッシュレス決済の拡大を推進している。クレジットカードなどで買い物をした人へのポイント還元を検討しており、普及に弾みをつけたい考えだ。小売店や飲食店の業務効率化につながり、人手不足にも対応できると期待される一方、停電時に使えないといった課題もある。

中略

海外では日本より普及が進んでいる。野村総合研究所によると、キャッシュレス決済の比率(2016年)は、利用額の一部を減税対象としている韓国が96・4%で、英国でも68・7%に達する。一方、日本は2割を下回る。日本で現金志向が強いのは、紙幣がきれいで偽札が少なく、現金自動預け払い機(ATM)網が充実しているためだ。

www.yomiuri.co.jp/economy/20181105-OYT1T50026.html

続きを読む

コメント

記事に戻る

コメントを残す