フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

富士フイルム、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T3」を発表。シリーズ史上最高の画質とAF精度を実現

 1

富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」を発表した。9月20日より発売開始、価格は約20万円。シリーズ史上最高の画質とAF精度を実現、4K動画の記録が可能な4K/60P 10bitに世界で初めて対応したという。

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術で卓越した画質を実現する「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」(以下、「X-T3」)を2018年9月20日より発売します。

「X-T3」は、小型軽量ボディに、新開発の裏面照射型2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」(*5)センサーと現行(*1)比約3倍の処理速度の高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、シリーズ史上最高の画質とAF精度を実現。ブラックアウトフリー高速連写(*2)などにより動体追従性能も向上させています。さらに、色調豊かで滑らかな4K動画の記録が可能な4K/60P 10bit(*3)に世界で初めて(*4)対応するなど、動画撮影機能も拡充し、プロの映像制作ニーズにこたえます。

富士フイルムは、2012年に独自に開発したイメージセンサーと画像処理エンジンを搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro1」を発売。その後もデバイスを進化させて高画質・高機動性を追求したモデルを投入し、高級ミラーレスデジタルカメラの市場を切り拓いてきました。今回発売する「X-T3」は、新開発のイメージセンサーと画像処理エンジンを搭載した、「Xシリーズ」の第4世代モデルです。

【「X-T3」の主な特長】
1. 小型軽量ボディに、新開発の「X-Trans™ CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、「Xシリーズ」史上最高画質と多彩な色彩表現を実現

2. 暗いシーンでの撮影や動体撮影におけるAF性能の大幅な向上を実現

3. 電子ビューファインダー(EVF)の性能を進化させ、動体追従性能を向上

4. ファインダーを中心とした安定感のあるデザインと、快適な操作性・拡張性を実現

5. プロの映像制作ニーズにこたえる充実の動画性能を実現
www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1328.html

続きを読む

コメント

記事に戻る

コメントを残す