フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

環境を判定するメソッドを作るなら静的メソッドにしよう。ツラみが増すから。

PHPとRubyの基本構文の簡易まとめです。
ごっちゃにならないための自分用。

コメント

PHP
// コメント

/* コメント */
Ruby
# コメント

=begin
コメント1
コメント2
...
=end

HTML埋め込み

PHP
<?php
  // PHPコードをここに記載
  echo 'hello, world';
?>

※1行の場合はセミコロン省略可
<?php echo 'hello, world' ?>

※閉じタグを省略する場合(PHPコードのみのファイルの場合。詳細は下記リンク参照)
<?php echo 'hello, world'

PHPの最後の終了タグ ?> は付けないでおこうねというお話

Ruby
<% ... %>    <!-- Rubyスクリプトをその場で実行 -->

<%= ... %>   <!-- 式を評価した結果をその場に挿入 -->

※HTML埋め込み機能は標準ライブラリ(eRuby)にて提供

変数の定義

PHP
$変数名 = ;
Ruby
変数  # ローカル変数

@変数 # インスタンス変数

$変数 # グローバル変数

条件分岐(if)

PHP
/* if */
if () {
  // 式が真の場合の処理
}

/* if~else */
if () {
  // 式が真の場合の処理
} else {
  // 式が偽の場合の処理
}

/* if~elseif */
if (条件式1) {
  // 式1が真の場合の処理
} elseif (条件式2) {
  // 式1が偽かつ、条件式2が真の場合の処理
}

Ruby
# if
if 
  # 式が真の場合の処理
end

# if~else
if 
  # 式が真の場合の処理
else
  # 式が偽の場合の処理
end

# if~elseif
if 条件式1
  # 式1が真の場合の処理
elsif 条件式2
  # 式1が偽かつ、条件式2が真の場合の処理
end

条件分岐(switch/case)

PHP
/* switch */
switch ($変数) {
  case 0:     // caseの右は文字列でも可
    // 処理0
    break;    // break;が無い場合、直後のcaseの処理を実行する
  case 1:
    // 処理1
    break;
  case 2:
    // 処理2
    break;
  default:
    // どれにも該当しない場合
    break;
}
Ruby
# case
case $変数
when 0      # whenの右は文字列でも可
  # 処理0
when 1
  # 処理1
when 2
  # 処理2
else
  # どれにも該当しない場合
end

繰り返し(foreach/each)

php
/* foreach(配列Ver) */
foreach ($配列 as $仮変数) {
  // 実行する処理
}

/* foreach(連想配列Ver) */
foreach ($連想配列 as 仮キー => 仮変数) {
  // 実行する処理
}
Ruby
オブジェクト.each do |仮変数|
  # 実行する処理
end

繰り返し(その他)

php
/* while */
while () {
  // 式が真の場合の処理
}

/* do~while */
do {
  // 実行する処理
  // ループの終わりで評価されるため、最低1回の実行が保証される
} while ();

/* for */
for (式1; 式2; 式3) {
  // 式1で初期化、式2は条件式、ループの終わりで式3が実行
}
Ruby
# while
while 
  # 実行する処理
end

# for(任意の回数n繰り返す)
for 変数 in 1..n
  # 実行する処理
end

関数/メソッド

PHP
/* 関数定義 */
function 関数名($仮引数1, $仮引数2,  ...,  $仮引数n)
{
  // 関数の処理

  return $戻り値;  // 戻り値がある場合
}

/* 関数呼び出し */
関数名($引数1, $引数2,  ...,  $引数n);
Ruby
# 関数定義
def 関数名(キーワード引数1:, キーワード引数2:, ..., キーワード引数n:)
  # 関数の処理

  return 戻り値  # 戻り値がある場合
end

# 関数呼び出し
関数名(キーワード引数1:引数1, キーワード引数2:引数2, ..., キーワード引数n:引数n)

配列

PHP
/* 配列の初期化 */
$配列 = array(要素1, 要素2, /* ..., */ 要素n)

/* 要素の取り出し */
var = $配列[インデックス]
Ruby
# 配列の初期化
配列 = [要素1, 要素2, 要素3]

# 要素の取り出し
配列[インデックス]

連想配列

PHP
/* 連想配列の初期化 */
$配列 = array(
          キー1 => 要素1,
          キー2 => 要素2,
          ...,
          キーn => 要素n
);

/* 要素の取り出し */
var = $配列[キー]
Ruby
# 連想配列の初期化
配列 = {
      キー1 => 要素1,
      キー2 => 要素2,
      ...,
      キーn => 要素n
}

# 要素の取り出し
配列[キー]

参考

コメント

記事に戻る

コメントを残す