フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

通信速度10倍の5G、2019年3月末にも周波数割り当てを検討

携帯大手3社は、通信速度が10倍程度になる次世代の通信規格「5G」について、来年にも一部の地域で試験運用を行う方針を示した。これを受け石田総務大臣は、来年3月末にも5G用の周波数の割り当てを検討する考えを示した。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社は次世代の通信規格「5G」について、当初の予定よりも1年前倒しして、来年にも一部の地域で試験運用を行う計画を示しています。

これについて石田総務大臣は記者会見で「早期に5Gのサービスを供給できるように期待していきたい。携帯各社へのヒアリングを踏まえて、2019年3月末に5G用の周波数を割り当てることを目指して検討をしていきたい」と述べました。
www3.nhk.or.jp/news/html/20181005/k10011659521000.html

関連:携帯大手3社、5Gの実用化を2019年に前倒しする方針 : IT速報

続きを読む

コメント

記事に戻る

コメントを残す