フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

限界利益、損益分岐点の計算について教えてください。

Amazonで中国から輸入した商品を販売しています。

添付した「仕入れ計算シート」ですが、中国から商品を輸入し、Amazonで販売する際の商品一個あたりの利益を計算するシートとなっております。(私が制作したシートではないのですが、計算結果は実用できる正しいものです。)

上記シートの計算式において

限界利益 = 売上高 – (販売手数料 + 購入手数料) 、カッコ内は変動費。
損益分岐点 = (商品原価 + 配送手数料 + 国内外送料 + 倉庫保管料) / 限界利益 、カッコ内は固定費

となっています。

商品原価、配送手数料、国内外送料に関しては、商品の販売量に比例しますから変動費かと思うのですが、上記式では固定費として計算しています。

実際に、算出された損益分岐点の数値を販売価格に設定するとROIがほぼ0%になるので、正しいのかと思いますが不思議でしょうがありません。

実験的に、上記を変動費と考えると、固定費が倉庫保管料のみでほとんど数値が0になってしまい、損益分岐点がほぼ0円になってしまいます。

商品原価、配送手数料、国内外送料を固定費で計算しているのに、計算結果が正しいのはなぜでしょうか? どなたか、ご指導、ご教授いただけますと誠に幸いでございます。

支払い方式 : 固定報酬制
予算 : 1,080円

[紹介元] クラウドワークス プロ向けの仕事 限界利益、損益分岐点の計算について教えてください。

コメント

記事に戻る

コメントを残す