フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

Amazonの最低賃金引き上げに、「月収が減る」と従業員から批判の声

米Amazonは、全ての従業員の最低賃金を時給15ドル(約1700円)以上に引き上げることを発表したが、従業員の間からは「月収が減る」という批判の声があがっているという。

2018年10月2日、Amazonは2018年11月1日からアメリカ国内の全ての従業員の最低賃金を時給15ドル(約1700円)以上に引き上げることをブログで公表しました。この変更は25万人以上の従業員と10万人以上の期間労働者に影響があるもので、Amazonでは「全ての従業員の収入が増加してその家族にも恩恵がある」としています。

単純に考えれば「時給が上がるなら素晴らしいではないか」と思う今回の変更ですが、実は手放しでは喜べない状況が存在していることが明らかになってきています。従業員が明らかにしたところによると、今回の変更では最低賃金の引き上げが行われるのと同時に、これまで実績に応じて支払われてきた月間ボーナスや、定期的にAmazonの株を受け取ることができていたストックオプション制度などが廃止される事になっており、時給は上がっても月収や年収レベルで考えると実質の収入減になることが判明しているとのこと…
続きはソース元で
gigazine.net/news/20181004-amazon-eliminate-monthly-bonuse-stock-grant/

関連:Amazon、最低時給を15ドルに引き上げると発表。労働条件の悪さを指摘する声に対応 : IT速報

続きを読む

コメント

記事に戻る

コメントを残す