フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

Bootstrapでプログレスバー作成

概要

フロントエンドフレームワークとしてBootstrapを使ってみたのでメモしておく。

プログレスバーを作ってみる

作ってみたコードは下記です。

HTML部分
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <!-- Required meta tags -->
  <meta charset="utf-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
  <title>BootStrap Sample プログレスバー</title>

  <!-- Bootstrap CSS -->
  <link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-Gn5384xqQ1aoWXA+058RXPxPg6fy4IWvTNh0E263XmFcJlSAwiGgFAW/dAiS6JXm" crossorigin="anonymous">
</head>
<body>
  <div class="container">
    <div class="row">
      <div class="col-sm-12">
        <h1 class="h4 mb-4">プログレスバー</h1>
      </div>
    </div>
    <div class="row">

      <div class="col-12 mb-5">
        <div class="progress mt-3 fade" id="progress">
          <div class="progress-bar" role="progressbar"
               style="width: 0;" data-valuenow="0" data-valuemin="0" data-valuemax="100">
            0%
          </div>
        </div>
        <div class="mt-3 text-center">
          <button type="button" class="btn btn-outline-primary" id="btn">実行</button>
        </div>
      </div>

    </div>
  </div>

  <!-- Optional JavaScript -->
  <!-- jQuery first, then Popper.js, then Bootstrap JS -->
  <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.2.1.slim.min.js" integrity="sha384-KJ3o2DKtIkvYIK3UENzmM7KCkRr/rE9/Qpg6aAZGJwFDMVNA/GpGFF93hXpG5KkN" crossorigin="anonymous"></script>
  <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.12.9/umd/popper.min.js" integrity="sha384-ApNbgh9B+Y1QKtv3Rn7W3mgPxhU9K/ScQsAP7hUibX39j7fakFPskvXusvfa0b4Q" crossorigin="anonymous"></script>
  <script src="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0/js/bootstrap.min.js" integrity="sha384-JZR6Spejh4U02d8jOt6vLEHfe/JQGiRRSQQxSfFWpi1MquVdAyjUar5+76PVCmYl" crossorigin="anonymous"></script>
</body>
</html>

処理をオブジェクトにまとめる。
※ 外部ファイルに分離できるようカプセル化する

オブジェクト
  <script>
    /**
     * プログレスバー
     */
    const progressBar = function(id){
      const frame = $(id);
      const bar = $('div.progress-bar', frame);
      let current = 0;

      return {
        /**
         * 初期化
         */
        init: function() {
          return this.set(0);
        },

        /**
         * 現在値を返す
         */
        current: function(){
          return current;
        },

        /**
         * 進行状況をセットする
         */
        set: function(n) {
          current = (n > 100) ? 100 : n;
          bar
            .css('width', current + '%')
            .prop('aria-valuenow', current)
            .text(current + '%');
          return this;
        },

        /**
         * 進行状況を上昇させる
         * @param n integer
         */
        add: function(n) {
          return this.set(current + n);
        },

        /**
         * プログレスバーを表示する
         */
        show: function() {
          if (! frame.hasClass('show')) {
            frame.addClass('show');
            bar.addClass('progress-bar-striped progress-bar-animated');
          }
          return this;
        },

        /**
         * 100%達成時の処理
         */
        complete: function(){
          bar.removeClass('progress-bar-striped progress-bar-animated');
          return this;
        }
      };
    };
  </script>

上記オブジェクトを使っての実装。

処理部分
  <script>
    (function($){
      const progress = new progressBar('#progress');
      const btn = $('#btn');

      btn.on('click', function(){
        progress.init();
        btn.prop("disabled", true);
        setTimeout(function() {

          // 進行状況をチェック ※ サーバに負荷がかからないように注意...
          const timer = setInterval(function() {
            progress.show();

            // 100%になれば、チェック(繰り返し)を終了
            if (progress.current() >= 100) {
              progress.complete();
              clearInterval(timer);

              btn
                .text('終了')
                .addClass('btn-outline-success')
                .removeClass('btn-outline-primary');
            }

            // 進行状況を確認 (サンプル:0〜10の乱数を生成)
            const n = Math.floor( Math.random() * 11 );

            // バーを進める
            progress.add(n);    // 追加の場合
            // progress.set(n); // 上書きの場合
          }, 200);
        }, 300);
      });

    })(jQuery);
  </script>

実際に、上記3つを記載したhtmlを実行してみたら、以下のように動きまし♪。

bar.png

結構、お手軽に実装できますね。

まとめ

バーの表示・非表示について、collapseなどを使ったほうがいいのかも・・・。
もう、スクリプトからの動きの制御は、少し試行錯誤が必要そうだな。

以上です。

[紹介元] jQueryタグが付けられた新着記事 – Qiita Bootstrapでプログレスバー作成

コメント

記事に戻る

コメントを残す