フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

FBIがテスラを捜査か。「モデル3」の生産台数目標に関する虚偽の疑い

イーロンマスク

ウォール・ストリート・ジャーナルは、テスラが「モデル3」の生産目標に関して虚偽の発表を行ったという容疑で、アメリカの連邦捜査局(FBI)が捜査していると報じた。

この件を報じたウォール・ストリート・ジャーナルによると、FBIは、テスラが達成不可能な生産予測であることを認識しながら過大な数値を示すことで投資家を欺いて判断を誤らせたという点に焦点を絞って捜査を進めている模様。テスラは2017年2月に2016年第4四半期の業績を発表したのですが、その際に「2017年第4四半期には週あたり5000台のモデル3を生産する」と言及。しかし実際には2017年度の生産台数は2700台にとどまり、週あたりの生産台数は793台という、予測とは大きくかけ離れたものになっていました。実際に週5000台の生産レベルに達したのは、2018年6月末のことでした。

2017年7月前半、マスク氏は「12月には月産2万台に達しそうだ」とツイート。この辺りの一連の発言の信ぴょう性が問われる事態となっています。

FBIはこの予測が妥当なものだったのかについて疑いを強めている模様。捜査を本格化させるにあたり…
続きはソース元で
gigazine.net/news/20181027-fbi-investigate-tesla-model-3/

続きを読む

コメント

記事に戻る

コメントを残す