フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

iPhone等の頑固なキャッシュ対策(WordPress)

「表示変わってないんだけど」

よく言われます。特にiPhoneのお客様。
iPhoneは妙にガンコなキャッシュをお持ちらしい。
以下が代表的な対策例。

cssパラメータを付ける

qiita.com/chikaxxx/items/8a3b2acca3209f2d31b4

強制reloadさせる

www.ituki-yu2.net/entry/iPhone_no_cache

ただ、これらの対策をやっても効かないときは効かない。
それで仕方なく以下の手段をお願いすることになっていた。

プライベートブラウズで確認してもらう

qiita.com/Shoesk/items/be9673def1d8ce6e674b

キャッシュや閲覧履歴を消してもらう

blog.skeg.jp/archives/2017/11/safari-super-reload-iphone.html

最終手段。
でも以下の問題が。

「お客さん(本顧客)にキャッシュ消して確認して貰うのは無理」

これ。
iPhoneを持ってるお客さん(非デジタルネイティブ)にキャッシュ消して確認して貰うのはまず無理で、話が分かるお客様でも毎回はさすがにうんざりされる。

WordPressならキャッシュ系プラグインを使う手も

WPならなんらかのものがあるはずと思って探してみたが、キャッシュ制御そのものずばりはなかった。
ただ、思うところあり、WP-Super-Cacheを入れてみた。Clear Cache for Meも。

表示のスピードアップ目的でなく、キャッシュシステムを利用してCSSやjs等々を副次的に再読み込みさせられないかと思った。

一応、思惑通り動いてくれている模様。

入れてからお客様から「表示変わってないよ」と言われることがなくなった。
更新時も、意識してキャッシュクリアしなくとも一応反映されている模様?
怖いのでまだ毎回キャッシュクリアボタン押してます。←何回か忘れたように思うけど大丈夫な模様。

ただ、表示が早くなったと言われることもなかったりして。
Wordpressならこういう手もあるよということでひとつ。

[紹介元] WordPressタグが付けられた新着投稿 – Qiita iPhone等の頑固なキャッシュ対策(WordPress)

コメント

記事に戻る

コメントを残す