フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

laravelのEloquentを使ってMySQLのデータを検索してみた

前回の続き

  • modelの作成
$ php artisan make:model City --migration
Model created successfully.
Created Migration: 2018_08_18_045057_create_cities_table

[プロジェクトルート]/app/City.phpが作成される

<?php

namespace App;

use IlluminateDatabaseEloquentModel;

class City extends Model
{
    //
}
  • City.phpの修正
<?php

namespace App;

use IlluminateDatabaseEloquentModel;

class City extends Model
{
    // テーブル名
    protected $table = 'city';
    // タイムスタンプ
    public $timestamps = false;
}
  • Controllerの修正
    • use Appの追加
    • MySQLからデータを取得し、Viewに渡す
use App;

    public function index()
    {
        $city = AppCity::all();
        return view('world', ['city' => $city]);
    }
  • Viewの修正(一部抜粋)
    <?php foreach($city as $row) {
      echo '<tr>';
      echo '<td>'.htmlspecialchars($row['ID']).'</td>';
      echo '<td>'.htmlspecialchars($row['Name']).'</td>';
      echo '<td>'.htmlspecialchars($row['CountryCode']).'</td>';
      echo '<td>'.htmlspecialchars($row['District']).'</td>';
      echo '<td>'.htmlspecialchars($row['Population']).'</td>';
      echo '</tr>';
    }?>

参考

qiita.com/shosho/items/5ca6bdb880b130260586
readouble.com/laravel/

[紹介元] PHPタグが付けられた新着投稿 – Qiita laravelのEloquentを使ってMySQLのデータを検索してみた

コメント

記事に戻る

コメントを残す