フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

Laravel開発:3.APIの作成

各環境用の.envファイルを準備する

  • .env (ローカル用)
  • .env.dev (開発サーバ用)
  • .env.stg (ステージングサーバ用)
  • .env.pro (本番サーバ用)

bootstrap/app.phpを編集する

loadEnvironmentFromメソッドで読み込む.envファイルを指定します。

bootstrap/app.php
/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Create The Application
|--------------------------------------------------------------------------
|
| The first thing we will do is create a new Laravel application instance
| which serves as the "glue" for all the components of Laravel, and is
| the IoC container for the system binding all of the various parts.
|
*/

$app = new IlluminateFoundationApplication(
    realpath(__DIR__.'/../')
);

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| 環境によって読み込む.envファイル切り替え
|--------------------------------------------------------------------------
*/

switch ($_SERVER['SERVER_NAME'] ?? 'localhost') {
    case 'localhost':
        $app->loadEnvironmentFrom('.env');
        break;
    case 'development.co.jp':
        $app->loadEnvironmentFrom('.env.dev');
        break;
    case 'staging.co.jp':
        $app->loadEnvironmentFrom('.env.stg');
        break;
    case 'production.co.jp':
    default:
        $app->loadEnvironmentFrom('.env.pro');
        break;
}

artisanコマンドを使うとき

artisanコマンドを使用するときは、読み込む.envファイルを–envオプションで指定しなければなりません。
.env.stgを読み込ませるには以下のようにします。

$ php artisan migrate:fresh --seed --env=stg

指定しないと、デフォルトである.envが読み込まれます。

[紹介元] PHPタグが付けられた新着投稿 – Qiita Laravel開発:3.APIの作成

コメント

記事に戻る

コメントを残す