フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

macOS に composer をインストールする

composer は PHP のパッケージ管理ツールです。
インストールの仕方は Composer の公式サイト に書かれていますが、 mac にインストールする場合に、公式サイトの説明だけだと動かないことがあるので、補完しつつ手順をまとめてみました。

※ この内容は古くなる可能性があります。公式の最新のドキュメントを軸に、補完的に参照してください。

事前準備: macOS Sierra 以降の場合

macOS 10.12 (Sierra) 以降の macOS では、 デフォルトでは OpenSSL がインストールされないようになったようです。

OpenSSL が使用できないと、 composer コマンドがライブラリのダウンロードに失敗するエラーを起こすので、手動でインストールする必要があります。

次の手順は、 Homebrew を使用したインストールコマンドです。 Homebrew 自体のインストール方法については、Homebrew の公式サイトを参照してください。

Homebrew がインストールされていない場合、先にインストールします。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

続いて、 Homebrew を使って OpenSSL をインストールします。

brew install openssl

Composer をダウンロードする

Download Composerページにある次のコマンドを実行します。
この2行目のコマンドは、ダウンロードしたインストーラーが正規の内容かを確認しています。バージョンが変わるとコマンドの内容が変わることがあるので、公式の記述からコピーして実行するようにしてください。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === '93b54496392c062774670ac18b134c3b3a95e5a5e5c8f1a9f115f203b75bf9a129d5daa8ba6a13e2cc8a1da0806388a8') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

ここまでの処理が正常に完了したら、 composer.phar というファイルが生成されているはずです。 この composer.phar が composer コマンドの実体になります。

パスを通す

ダウンロードしたままの状態では、他のディレクトリから使うときに不便です。 どのディレクトリからも composer コマンドを使えるように、 “パスを通す” 操作をします。

公式ドキュメント で、そのコマンドが紹介されていますが、 mac では管理者権限で実行しないと失敗するようなので、 先頭に sudo を追加し、下記のコマンドで実行します。

※ このコマンドを実行すると パスワードを求められます。 macにログインするときのパスワードを入力してください。

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

これが成功すると、 composer.phar がなくなっていて、 /usr/local/bin/composer に移動されているのが確認できます。

うまくインストールできたか確認する

新しい ターミナル を開いて、次のコマンドを実行します。

composer --version

Composer のバージョン番号が表示されたら成功しているはずです。

[紹介元] PHPタグが付けられた新着投稿 – Qiita macOS に composer をインストールする

コメント

記事に戻る

コメントを残す