フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

rails自分メモ #1

rails学習メモ #1

params

params[:パラメータ名]
パラメータを含んだハッシュを返すメソッド。
ActionController::Parametersというクラスのオブジェクト。
params[controller]  コントローラーの名の取得
params[Action]アクション名の取り出し

xx_controller.rb
#htttp://localhost:3000/xx/method1/tokyo  のtokyoのようにパスに埋め込まれたもの
xx_controller.rb
#htttp://localhost:3000/xx/method1?adress=tokyo のように渡される
class XxController < ApplicationController
  def method1
     render plain: "#{params[:adress]}在住"
  end
end
# htttp://localhost:3000/xx/method1/tokyo =>tokyo在住
xx_controller.rb
#htttp://localhost:3000/xx/method1/tokyo  のtokyoのようにパスに埋め込まれたもの

class XxController < ApplicationController
  def method1
     render plain: "#{params[:adress]}"
  end
end

redirect_to

まずHTTPのリダイレクションとは

サイトをメンテナンスしている間の一時的なリダイレクト、サイトの構成を変更した後も外部のリンクを機能させるための恒久的なリダイレクト、ファイルをアップロードしているときの進捗を示すページなど ※1

railsのredirect_to メソッドを呼び出すとレンダリングは行われない。
ブラウザにステータスコード302と新しいURLが送られる。
create,destroy,updateの各アクションで扱うのが定番の方法。

flash

リダイレクションと同時に使われる。
アクション間で情報を受け渡す機能。
リダイレクションの前にflashオブジェクトに情報を入れておくと、リダイレクション後のアクションで文字列を取り出せる。

xx_controller.rb
class XxController < ApplicationController
  def method1
     flash[:notice] = "method2へ"
     redirect_to action: "method2"
  end

  def method2
     render plain: flash[:notice]
  end
end
# method2へ

目標

継続して投稿を行う。週一はする!!

[紹介元] HTMLタグが付けられた新着投稿 – Qiita rails自分メモ #1

コメント

記事に戻る

コメントを残す