フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

YYPHP#58「PHP上達の近道、テストってどうやってる?タスク管理について(LT)、45歳からはじめるPHPプログラミングどうやって関数からクラスにしていくの?」

プログラミングのPHPを整理するために、いくつかポイントを書いてみました。

PHPの基礎知識②

if

true(正)またはfalse(偽)を評価するための構文です。
次のように表します。

<?php
if ($a > $b)
echo “aはbよりも大きいです”;
?>

また、グループ化もできます。

<?php
if ($a > $b) {
echo “aはbよりも大きい”;
 $b = $a;
}
?>

これは、$aが$bよりも大きいとき、aはbよりも大きいことを示し、$aの値を$bに代入する意味を表します。

else

ある条件文に対し、その条件が満たされていない場合の条件を記入するときに、else文を使用します。
そのため、if文がfalseになったときに使用します。

<?php
if ($a > $b) {
echo “aはbよりも大きい”;
}else {
echo “aはbよりも小さい”;
}
?>

これは、$aが$bよりも大きいとき、aはbよりも大きいことを示し、そうではないときは、aはbよりも小さいことを示しています。

elseif

これは、if文とelse文の組み合わせです。
elseはif文がfalseのとき、別の条件を満たすように指示を与えます。
しかし、elseif文は、trueのとき代わりの条件を満たすようになります。

<?php
if ($a > $b) {
echo “aはbよりも大きい”;
} elseif ($a === $b) {
echo “aはbと等しい”;
} else {
echo “aはbよりも小さい”;
}
?>

これで、aはbよりも大きい、aはbと等しい、aはbよりも小さいを表します。

コメント

記事に戻る

コメントを残す