フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

シンギュラリティと大失業時代 その10 量子コンピュータとはなにか?

量子コンピュータというのは、普通のコンピュータと何が違うのか? というと計算の方法が従来のコンピュータとまったく違うのです。

従来のコンピュータというのは速さに係わらず、0か1の二進数で計算しています。
イエスかノーの二択で超高速に処理していると思って下さい。
一方、量子コンピュータは0と1を同時に計算できるという特性を持つと想定されています。

0か1と、0と1を同時というのは、計算が複雑になればなるほど大きな差が出てきます。
例えば、0か1をイエスかノーに置き換えて、AさんとBさんの二人がそれぞれ回答するとします。

すると、このような選択が考えられます。

1.(Aさん:YES , Bさん:YES)
2.(Aさん:NO! , Bさん:NO!)
3.(Aさん:YES , Bさん:NO!)
4.(Aさん:NO! , Bさん:YES)

4通りのパターンがあることが分かります。
従来のコンピュータはこのパターンを全て計算するのに1~4までを総当りで計算します。
なので当然のことながら、回答する人が増えれば増えるほど指数関数的にパターンは増大していくことになります。

(2 , 4 , 16 , 256 , 65536 , 4294967296…)

といった感じです。

ところが、量子コンピュータは0と1を同時に計算できるので、さきほどのパターンであれば、4パターンを一度に計算できることを意味します。

コメント

記事に戻る

コメントを残す