フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

シンギュラリティと大失業時代 その7 未来学者カーツワイルの見る世界

では具体的にはどのような未来になるのでしょうか?
未来学者のレイ・カーツワイル氏は著書の「特異点は近い」の中で特異点(シンギュラリティ)が不可避であることを喧伝しています。

▼シンギュラリティ大学でのレイ・カーツワイル氏の講演

最近ではシンギュラリティサミットが開催されるなど、人工知能の分野への興味は加速しています。
つい先日、アメリカのオバマ大統領が脳機能を10年がかりで解明するプロジェクトを宣言したことが話題になりました。

▼脳機能、10年がかりで解明へ=オバマ政権が計画―米紙
www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013021900040

カーツワイル氏によると未来はこのように変わるそうです。
日本でも話題になった「京」のようなスーパーコンピュータは、このまま半導体技術が加速していくならば2013年には人間の脳機能をシミュレートできるようになり、2025年には人間の脳を解析したデータ自体を、ネット上にアップロード可能になると予測しています。

例えば、おじいちゃんの記憶を吸い出してネットにアップロードしておけば、お墓参りのついでにおじいちゃんの人工知能と会話ができる可能性がある、ということです。

ここで重要なのは技術の加速度です。

カーツワイル氏は、収穫加速の法則(しゅうかくかそくのほうそく)を提唱しています。収穫加速の法則とは、一つの重要な発明は他の発明と結びつき、次の重要な発明の登場までの期間を短縮し、イノベーションの速度を加速することにより、科学技術は直線グラフ的ではなく指数関数的に進歩するという法則です。

指数関数的というのは、例えば2という数字であれば、2→4→16→256→65536というように二乗になるようなことです。 1→2→3→4→5 と直線的な増加ではなく爆発的な増加である、というニュアンスです。

カーツワイル氏の提唱する収穫加速の法則は分かりやすく言えば、人間をサポートする技術が強化されれば新技術の開発も大幅に進む、ということを意味しています。
コンピュータの性能がよくなれば、もちろんそれは起こりえます。

コメント

記事に戻る

コメントを残す