フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

大起業時代・大副業時代に備えよ!

不況の最中に起きた大震災。経済の建て直しを最優先課題とした新与党の民主党はリーダーシップを執れずにいます。
原発の問題で日本国政府のやり方はあらかた露呈したように思われます。
隠蔽と嘘。これはどうみても先行き不安ですよね。

国民の不満が高まれば、デモや暴動も近いうちに起きます。

しかし、考えようによってはこの災害はチャンスでもあるのです。
多くの人が職を失い、失おうとしている今、従来の需要と供給のバランスが崩れ、新たなニーズとウォンツが発生する可能性が高いのです。
どういうことかというと、人々のライフスタイルが変わるわけですから、人々の生活に係わるものも変わる、ということです。

つまり、これまでのやり方が通用しなくなるので、新しいやり方が必要となるわけです。
では、なにがチャンスかというと、これまで独占的に市場を支配してきた企業の小回りが利かなくなるため、新しいやり方、新しいニーズが早急に求められるということです。

例えば、都内の水道から許容量の超えた放射線が検出された時には、いままで日本ではタダ同然だった水の需要が一気に高まりました。
マーケティングの話としてよく出てくるのは、単なる水を売るにはどうすればいいかとか、エスキモーに氷を売るにはどうすればいいか的な話です。
それがいま現実となっているのです。

ニーズがコペルニクス的転回で一挙に変化したことが分かります。
ヤフーオークションではミネラルウォーターの出品が相次ぎました。
中には、ただの水道水を販売しようとする強者もいたようです。
まるで大貧民というカードゲームのようですね。
市場を独占していた企業は恐竜と一緒です。
この時代の変化に柔軟に対応できていません。

今こそ、この変化に富んだ時代をアイデアで個人が乗り切る番です。
そういった意味で言えば、どこも雇ってくれないから起業しなければならない大起業時代がやってくるといっても過言ではないでしょう。

起業しないまでも足りない収入源を補間するための大副業時代がやってくるはずです。既にヤフオクやアマゾンのマーケットプレイスでは始まっています。
ただ今までと違うのは、本当になにも投資することができない、または投資するリスクが高過ぎて難しいことでしょう。

なにもないゼロから、いやマイナスからのスタートになると思います。
なぜなら、日本の電力供給がストップする可能性があるからです。
売れないから別の製品を作る、といった方向転換すらできない可能性があります。電力が足りないのだから仕方ありません。
もしかしてそのうちガソリンも足りなくなるかもしれません。

で、結局、物理的な生産活動が危うい条件化での起業となると、情報系か肉体労働系となります。
情報系はお馴染みですよね。情報が商品となります。

情報系商品で最もポピュラーなものは「お金」です。お金を売って、お金を得る金融業や、リスクという確率的事象に対して確実に保証を約束する保険、その他、誰がどこでなにを欲しているのか? というニーズとウォンツといった情報を売るマーケティングやセールスなどがあります。

生産コストを安く抑えて、高利益を生み出す。これが情報起業です。
にっちもさっちも行かない状況から、低いリスクで高い利益を出すには、情報系しかありません。

例えば、もし東北地方太平洋沖地震の予知情報が1週間前にあったら、誰がいくらで買うでしょうか?
この情報は高く売れたはずです。もちろん誰も信じないでしょうけど…。
では具体的に不況と震災による影響が長引いたとして、個人がなんらかの収入を得るためにはどうすればいいか? どのようなトレンドが考えられるか?

多分ですが、日本国内を相手にした商売は、日本中が景気が悪いとすると、難しいと思います。みんながお金を持ってないわけですから、いずれはジリ貧となります。安売合戦に陥り疲弊するでしょう。

そこで、日本国内にいながら、日本よりも景気がまともな外国を相手にする副業が流行ると思います。例えば、ネットを使って海外向けに情報を発信し、広告料を稼ぐといったことが考えられます。

日本で外国相手に商売することもできますが、決済と発送が面倒なので、やはり広告費で稼ぐ方が簡単でしょう。
翻訳能力が必要でしょうが、国内や国外の情報をマルチリンガルに情報発信することができれば結構稼げると思います。オークションを使って、国内の商品を海外へ転売したりする人も出てくると思います。
ポイントは、競争率の激しいお金の無い国内、あるいはエリアでのビジネスはなるべく避けることです。

例えば関東で停電が続いている場合は、関東より関西に移動した方がいいでしょう。
格差があることが儲けの種になります。
「安く仕入れて高く売る」が商売の基本なので、格差が高ければ高いほど、そのギャップは大きくなるわけです。

もちろん情報起業以外でも儲けの種はたくさん発生すると思います。

例えば、ただの土であっても、汚染された農地に持っていくだけで高く売れるかもしれません。

例えば、レッカー車を持っていれば津波被害のあった地域の車の運搬で活躍するかもしれません。
今年は去年とは比べ物にならないくらい特殊なサイドビジネスが流行ると思います。
必要なものと不必要なものがハッキリ分かれるので、今までのように消費者が何を欲しているのか分からない、というステルス性が無くなり、起業しやすくなると思います。

「かもしれない」の予想ばかりで不満な人は、これだけは確実なので覚えておいて下さい。

「○○で儲けるには、

○○で儲けたい人に対して儲ければよい」

例えば、副業で儲けるには副業で儲けたい人に対して儲ければよいことになります。一例として、副業をするための資格取得やスキルを習得するための専門学校やスクールなどがあります。
この法則性はどんなタネにもアテはまります。

要するに、儲けとは仕組みであってビジネスモデルなのです。
それそのものではなく、手順や方法なのです。
水が売れるからといって水を用意する必要は必ずしもなく、水を売っている場所や、水を手に入れる場所を指し示すだけでも売れる、というわけです。

まだ3月時点で緊急を要していませんが、ミリオンハイスクールでは今後も日本の経済情勢を鑑みた情報を塾生に提供していくのでよろしくお願いします。

コメント

  1. 2018/08/07(火) 14:00:11
    利益率のみにこだわりすぎず、複数製品の販売を行うことには「多様な市場のニーズに応える」「販売量増減のリスク回避」「製品市場の成長・成熟・衰退というライフサイクルへの対応」などのメリットがあり、中長期的な観点からは有用であるといえる
  2. 2018/08/07(火) 14:00:11
    T&Gニーズ 1545 +3 75日線下でもみ合い。 明日決算。 過去の傾向から夏場に上方修正などのサプライズは出してこないと思ってます。 グアムの特損(地政学リスクの関係)で今季特損-4億6500万計上してるのでその後の詳細は確認したい。
  3. 2018/08/07(火) 14:00:11
    @condomfromhell たしかにwww (*´•ω•))-ω-)ウンウン産科もだね!訴えられるリスク高いとこはマジで大変だろな(๑•́ ₃ •̀๑)女医さんの比率どうなんだろう?ニーズは高いよね!優しく話を聞いてくれそう👩‍⚕️(´∀`*)ウフフって←
  4. 2018/08/18(土) 12:32:28
    オウンドメディアのニーズって実はまだまだあるけど、数年前に比べ自社でゼロから作ろうと思ってる企業は少なくて。質の良いポテンシャルのあるメディア買うほうがリスクも少ないと気づいてる。なのでそういった企業のニーズから逆算して作ればアクセスや収益が少なくても結構な金額で売却できるぞよ。
  5. 2018/08/18(土) 12:32:28
    @Hagi_nya ニーズヘッグって、ニーズと(リスク)ヘッジみたいで仕事してる感あるな!!ないわ!!

記事に戻る

コメントを残す