フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

Googleがアダルトサイトの広告を表示するブログを排除する日

2013年6月29日にこんなニュースが飛び込んできた。

▼グーグル、アダルトサイトの広告を表示する「アダルト」ブログをBloggerから削除へ
it.slashdot.jp/story/13/06/29/0828242/

Googleは6月30日にBloggerのコンテンツポリシーを変更し、アダルト向けコンテンツと判定されたブログのうち、
アダルトサイトの広告を表示しているブログを削除するとのこと(ZDNetの記事、 PCMag.comの記事、 本家/.)。

現在のコンテンツポリシーでは大半がアダルトサイトの広告やリンクが占めるブログの作成は禁じられているが、
今後はアダルトコンテンツで収入を得ることが一切禁じられることになるらしい。Googleはアダルト向けコンテンツと
判定されたブログ運営者に対してメールで通知し、ブログの削除を避けるには6月30日までにアダルトサイトの
広告を削除するように勧めているとのことだ。

(紹介終了)

Bloggerというのは、日本ではあまり知られていませんがGoogleが運営する無料ブログサービスです。
とりあえず、アダルトサイトの広告を表示しているブログを削除するからね、という内容なのですが、気になるのは、今後は他の広告プログラムでも、アダルトサイトの広告を掲載しているサイトに何らかのペナルティを与えるのかですね。

もし、今まで野放しだったアダルトサイト広告が何らかのペナルティを受けるとなると、アフィリエイトで稼いでいるサイトは相当なダメージを受けることでしょう。
なぜかというと、アフィリ系のほとんどのサイトがクリック率の高いアダルトサイトの広告を掲載しているからです。

ブログではありませんが、スマホのアプリに表示される広告にも、露骨なアダルト広告が掲載されておりその多くがフリーです。未成年がスマホを持つ時代なので、あえて検索でもしなければ遭遇しなかったアダルトサイトの広告を直接的に触れる頻度は高くなっています。実際に未成年が事件に巻き込まれる確率は高くなっています。

GoogleとしてはAdSenseではアダルト広告を扱っていないので、アダルトサイトに流れている大量の広告費を、自社の広告に流入したいのでしょう。イメージアップも図れるし、誰も反対はできないはずなので、一石二鳥なわけです。

ということは、AdSenseでカバーしていない広告の分野には、Googleが儲けるための伸び代がまだある、ということです。
つまり、アダルトサイト排除の次は、Google AdSense 禁止コンテンツを掲載しているサイトも排除される可能性は非常に高いということです。

コメント

  1. 2018/08/18(土) 08:14:54
    提携している広告主様はどれも大手の知名度ある優良アダルトサイトばかりです。悪質サイトは一切排除しており、報酬還元のトラブル等の心配はございません。広告閲覧者にも安心感を与える事から、効果的に素材を販売する事が可能です。http:// #ネットビジネス
  2. 2018/08/18(土) 08:14:54
    ●アフィリエイトプログラムは、アダルト動画サイト、出会い系サイト、ライブチャットなどのアダルトサイトの広告主様のアダルトアフィリエイト広告を扱っております。 https://t.co/H4Lu6SOryV
  3. 2018/08/18(土) 08:14:54
    起きろやクソナードが!!!!!!アダルトサイトの広告が消えねえんだよ!!!!!!!!!!!
  4. 2018/08/18(土) 08:14:54
    艦これはスマホでできるからアダルトサイトの広告にキレずに済む
  5. 2018/08/18(土) 08:14:54
    アフィリエイトプログラムでは、アダルト動画サイト、出会い系サイト、ライブチャットなどのアダルトサイトの広告主様のアダルトアフィリエイト広告を扱っております。https://t.co/emPinQKuSB #ネットビジネス

記事に戻る

コメントを残す