フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

SEOを使わない爆速アクセアップ術1 その7 検索エンジンは現代の大錬金術

前回、コンテンツシーソー現象についてお話しました。
ちゃんとしたコンテンツをせっかく作ってもネットは無料であるため、やがてその価値はゼロに近くなります。
当たり前のものとして定着してしまった情報というのはネット上を彷徨い、様々な人々に引用され拡散し、みんなが知ることとなります。そうなればその情報の発信元にわざわざアクセスしようとするユーザーはいなくなります。

また、コンテンツを作る立場から選ぶ立場となり広告を出すとしても、広告は競争入札制となっているため最初は安い単価であったものが徐々にライバルが増え広告の出稿料が上昇し高くつきます。これもコンテンツシーソー現象と同じで需要と供給ですね。

もっと単純にカラクリを明かせば、コンテンツで検索エンジンを攻略し、それによってお金を稼いだ者は最終的には広告によってそのお金を失うことになります。検索エンジンはあえて自社の検索エンジンの弱点を晒し、それを攻略しようとする者に一時的な富をもたらしますが、コンテンツシーソー現象によって長続きはしません。
アクセスを失ったコンテンツ制作者は広告に走るというわけです。つまり、野球と同じように打たせて取るのです。フライを上げさせて楽々キャッチするわけですから、彼らは検索エンジンの資金を吸い上げるポンプの役割を担っているわけです。

コメント

  1. 2018/08/01(水) 12:46:52
    エーアイの音声合成エンジン「AITalk」が音声コンテンツ対象の広告配信実証実験に採用 | Web担当者Forum https://t.co/vzQCvKVGF6 @webtanforumより
  2. 2018/08/01(水) 12:46:52
    @shinanonozenji_ SDKを使ってフロント作るところまではできてるみたいですね! 現状3Dゲームを作るためのゲームエンジンみたいな感じです。 あとはコンテンツをIPFSにあげて、ハッシュを土地トークンに紐づけるだけですが、ここはまだ未実装だと思います!
  3. 2018/08/01(水) 12:46:52
    @NINJAkusokuso クロネコさんに同意。大事なのは検索エンジンに戻さないこと。さすがのグーグルも、検索エンジン周りのユそーザーの挙動しか計測できません。ただ、別軸でコンテンツ自体の解析もしてるはずなので、文字数少ないと評価下がる可能性はある。
  4. 2018/08/01(水) 12:46:52
    » エーアイの音声合成エンジン「AITalk」が音声コンテンツ対象の広告配信実証実験に採用 | Web担当者Forum https://t.co/BPABiOvVrb
  5. 2018/08/01(水) 12:46:52
    「が」が連続してしまったが、面倒なのでこのまま放置。 前にも音声コンテンツは可能性あるといいましたが、他に繋がりにくいアプリでは少し弱いんですよね。 YouTubeにもTwitterにもほとんど流れてこないですし。 つべとGoogle検索エンジンという海で魚釣り頑張っていた方が賢い。

記事に戻る

コメントを残す