この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


今年ブラウザPush通知が熱い! ウェブマーケティングが変わる! メルマガの替わりにスタンダードとなるか!?

ブラウザPush通知とかWeb Pushという言葉を知っているだろうか?
スマホを持っていればアイコンに付くバッジやバッググラウンドで通知メッセージを受け取ることがあると思うが、アレである。

ユーザーがサービスにアクセスしていなくても自動的に通知される。
スマホゲームではお馴染みだよね。
この機能がPCにも導入されたらすごいと思わないか?

今までPush通知はネイティブアプリに対してのみ対応していたけれど、去年頃からGoogle ChromeがブラウザでのPush通知に対応し、今年に入ってFirefoxも対応するようになった。IEは今後なくなるので、これでほとんどのユーザーに対応したといってもいい。
PCならChrome(42以上)、Firefox(44以上)、Safariが対応している。
スマホならAndroid系にインストールされているChromeが対応していて、MacのSafariも対応している。残念ながらiPhoneのSafariは未対応で今後の対応が期待される。

Push通知の効果についてはModule Appsの記事が分かりやすいので紹介する。

▼こんなにすごいの?プッシュ通知をオススメするこれだけの理由

こんなにすごいの?プッシュ通知をオススメするこれだけの理由

AppBankのこちらの記事も参考になる。

▼プッシュ通知を送る際に知っておきたい5つのテクニック。

こんにちは、AppBank Felloの運営担当のしょーざです。この記事では、プッシュ通知の効果的な使い方を紹介します!プッシュ通知はAppBank Felloの機能の一つです。

PCと単純な比較はできないが、アプリマーケティング研究所が発表した調査によると、アプリを初回起動した時にプッシュ通知が許可される確率は35~50%だという。
また別の資料では、通知されるとアプリを起動する確率は約50%だという。これはおそらくなんらかのアクションをしないとアイコンのバッジが消えず気持ちが悪いためだろう。

メールの開封率とか精読率が落ち続け、異常に低い状況にあって、新たに顧客にコンタクトを取る手段としては救世主に近いだろう。メールの開封率は1~2%ということがザラだからね。
そもそもメッセンジャーだけでやりとりをして、メールソフト自体開かないという人も増えている。
なので、以前は顧客メールアドレス(ハウスリスト)さえあればビジネスはうまく行くといわれていたけれど、それも怪しくなってしまった。

恐ろしく速いペースで台頭してきたLINEは、メールによるコミュニケーションが廃れる中、アプリ×Push通知が成功の鍵だといっても過言ではない。LINEアプリでユーザーを集めたら、そこからさらにLINE関連のアプリへ誘導できる。それぞれのアプリにはPush通知でユーザーを集める機能が備わっている。
そのため、ネットビジネスでありながら、検索エンジンによる集客の干渉をほとんど受けなかったんだよね。これは賢い。

そういったアドバンテージがPCでも手に入る可能性を秘めている。
で、なんといってもブラウザPush通知のいいところは「許可」するだけで通知を受け取れるところ。アプリのインストールは不要なのだ。メールアドレスや名前といった個人情報も伝えなくていい。そして、通知を止めるのもボタン一発でできるので、パスワードを入力してのメール解除といった煩わしさもない。
通知はブラウザを開いていればタスクバーに表示される。Windows Updateのバルーンメッセージとほぼ同じだ。

psuh通知のサンプル
psuh通知のサンプル

ただし、デメリットもあって通知をしてくれたユーザーの情報は持ち出せないし、移動できないこと。
メールアドレスであれば配信元がどこでもいいんだけれど、Push通知の場合は基本的には許可したサイトに紐付けされるため、サイトを畳んだらPush通知もできなくなってしまう。
なので、Push通知とメールアドレスの収集は平行して行う必要がまだある。

さて、Push通知の使い方だけれど、長いメッセージは好ましくない。あくまでも通知がメインだ。
また個人にしか通知されないためパスワードの発行や、ページにアクセスするための合言葉を通知する、といった使い方もできる。通信にはSSLが持ちいられるためメールよりもセキュリティは強固だ。

なのでメルマガを送信したら、平行してPush通知で「メルマガ見てね~特典あるよ~」とお知らせするといった使い方がメインになると思う。これだけでメールの開封率が格段に上昇する。ウェブマーケティングが変わるというのはここなのだ。

では、ウェブマーケティングがPush通知をどう取り込んでいくのかだけれど、デメリットでも紹介したユーザー情報を持ち出せない、移動できない原則があるため、代理で通知してくれるPush通知サービスというのがここ最近になってぽこぽこでき始めている。

関連記事