フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

ワードプレスでショッピングカートを作ろう その2 なにはともあれセッション

前回はショッピングカートを作るにはユーザーの同定が必要で、その方法としてセッションというものを使う、ということをお話しました。セッションについてはPHPにセッション関連の関数が用意されています。

ではPHPのセッションの関数ですが、セッションを始めるには「session_start()」関数というものを使います。

<?php
	session_start();
?>

これでセッションはスタートします。
セッションをスタートすると自動的にセッション名とセッションIDが割り振られます。この情報を元にユーザーを同定していきます。
で、セッション名を指定しないと初期設定では「PHPSESSID」となってしまいバレバレで危険なので、セッション名を独自に指定します。

セッション名を指定するには「session_name()」関数を使います。引数にセッション名を指定します。
現在のセッション名を取得するには「session_name()」関数を引数なしで使います。

<?php

	//セッション名をtestに設定
	session_name( 'test' );

	//セッション開始
	session_start();

	//セッション名を取得
	$session_name = session_name();

	//セッション名を表示
	echo $session_name;

?>

▼サンプル
lesson-school.com/wp-content/lesson/cart/02-hOba/01.php

次にセッションを利用する場合です。セッション名は決まりましたが、その中身がなんなのか分からないと使えませんね。
セッションの中身はセッションIDという独自のIDとなっています。これは通常Cookie(クッキー)としてユーザーの端末側に保存されます。それではセッションIDを取得してみましょう。

コメント

  1. 2018/08/03(金) 12:19:12
    【書いた】 初心者ブロガーさん向け Googleアナリティクス講座第一弾👏 PV数・セッション数・ユーザー数の違いがわからない方必見! 違いが知れば見え方も変わりますよ ▼【Googleアナリティクス初心者講座】ページビュー数・セッション数・ユーザー数の違い https://t.co/I7HOm5Jgrz @ddduskより
  2. 2018/08/03(金) 12:19:12
    これって多分、場を「デザイン」する私たちフューチャーセンターのディレクターにも言えそう。 ユーザーの声は聞くけど額面通り受け取るんじゃなくて、その人の行動とかプロフィールとか描く未来の姿も掘り下げて、セッションをデザインするから。 「行動を見ろ」は場のデザインにも共通するのかな🤔 https://t.co/bMnibzHZUh
  3. 2018/08/03(金) 12:19:12
    スマホアプリが異様にセッションが長いのは、ログインが必要となるとユーザー離脱が大きい(入力コストがでかいなど)ためというのが一つの要因としてありそう。 ログイン不要が増えたのもログインが必要になると使わなくなる人が多いからというのもある。
  4. 2018/08/03(金) 12:19:12
    ちなみに、このi/o設定をプリセットとして保存出来るようです。 エクスポートでセッションを書き出し(写真1)→ユーザーのProtoolsファイルに保存(写真2)→拡張子を.ptxtにして(写真3)→新規トラックを作るとトラックの種類に出てきます(写真4) 同様の事がCubaseなどでも出来ます。
  5. 2018/08/03(金) 12:19:12
    当ブログ開始3ヶ月目だった先月7月の一ヶ月分のデータです 何か分かる事や助言あればくださいな😊 ユーザー 633 新規ユーザー 569 セッション 770 ユーザーあたりのセッション数 1.22 ページビュー数 2,346 ページ/セッション 3.05 平均セッション時間 00:01:30 直帰率 0.91%https://t.co/j5Tv0NBKLm

記事に戻る

コメントを残す