フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

EC-CUBEで低価格高機能ネットショップを作ろう その2 インストール編

前回は導入するための条件や動作環境、プログラムのダウンロードについて案内しました。
今回は、サーバーにインストールする方法についてです。

もしロリポップサーバーなどの自動インストールを利用する場合は、読み飛ばしてもらって構いません。

EC-CUBEではデータベースを使うので、MySQLかPostgreSQLを用意します。
もちろんサーバーが対応していなければインストールはできません。
用意する情報は「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」の3つです。

EC-CUBEのインストールの前にデータベースを準備する必要があります。
データベースの準備については、お使いのサーバーの利用ガイドをご覧ください。
最近のサーバーの多くはデータベースの設定がブラウザからできるようになっていると思います。

データベースの用意ができたら、サーバーにEC-CUBEのパッケージをアップロードします。
アップロードする前にZIPファイルを解凍しておく必要があります。

例えば、「eccube-2.12.4.zip」という名前のZIPファイルがダウンロード済みかと思いますが、解凍ソフトを使って解凍します。
解凍すると「eccube-2.12.4」というフォルダが作成されます。
※バージョンによってファイル名は異なります。

このフォルダの中の「data」フォルダは公開フォルダにFTPソフトでアップロードします。
「html」フォルダは「html」フォルダの中身を「data」フォルダと同じ場所にアップロードします。
(※htmlフォルダごとアップロードしないで、中身を全てアップロードします)

必要なファイルをアップロードする
必要なファイルをアップロードする

この時、パーミッションを以下のように変更します。
(FTPソフトの使い方や、パーミッションの変更についてはネットで検索してみてください)

FFFTPによるパーミッション変更画面
FFFTPによるパーミッション変更画面

707にする

  • html/install/temp/
  • html/user_data/
  • html/cp/
  • html/upload/
  • data/cache/
  • data/class/
  • data/Smarty/
  • data/logs/
  • data/downloads/

606にする

  • data/install.php

ただし、サーバーによってパーミッションが異なる場合があります。
「707」「777」または「606」「666」でないとエラーが出る場合があるので、お使いのサーバーのパーミッション設定を参考にして下さい。

パーミッションが正しく設定できていれば、インストール画面が正しく表示されます。
インストール画面は以下のようになります。自分のサーバーによって読み変えて下さい。

EC-CUBEインストール画面
EC-CUBEインストール画面

 

あなたのドメイン/公開フォルダ/install/

例えば、ドメイン名が「lesson-school.com」で、公開フォルダが直下だった場合は以下のようになります。

lesson-school.com/install/

公開フォルダが「ec-cube」であればこうなります。

lesson-school.com/ec-cube/install/

インストール画面が出ればあとは簡単です。
※上記のページが表示されない。ファイルが見つからない場合、404 Not Found error が出る場合はアップロードしたフォルダ名を確認するか、ドメイン名、ファイル名など、URLが正しいかを確認してください。

「次へ進む」をクリックします。

アクセス権限のチェックが始まります。

「すべての項目にアクセス権限は正常です。」と表示されたら、「次へ進む」をクリックしてください。
もしアクセス権限(パーミッション)でエラーが出ているようであれば、該当するフォルダを調べて指示通りパーミッションを変更して下さい。

アクセス権限のチェック
アクセス権限のチェック
アクセス権限のチェック終了
アクセス権限のチェック終了

「次へ進む」をクリックします。

必要なファイルのコピーがはじまります。

ファイルのコピー
ファイルのコピー

「次へ進む」をクリックします。

コメント

  1. 2018/11/11(日) 08:53:39
    @jGSa02fkjhonWfB この《フォルダ分けインデイケータ》👀は素晴らしいですね。早速、特効薬、インストールします。かなり強靭なメンタルが要りそうですが
  2. 2018/11/11(日) 08:53:39
    勝手にインストールされてたフォルダはなぜか管理者なのにアクセスできないしどうなってるんだこれ
  3. 2018/11/11(日) 08:53:39
    SteamWorkshop以外でDLしたModファイル(.rfmp)は、Packagesフォルダ内に入れましょう。あとは、ランチャーのこの画面で手動インストールが出来るようになります。 https://t.co/E8sIxIIa0e
  4. 2018/11/11(日) 08:53:39
    なんだかんだでDELTARUNEで一番好きな曲はdogcheckの曲だったりする。DELTARUNEをインストールしたフォルダから曲を漁ってみよう
  5. 2018/11/11(日) 08:53:39
    WindowsのAnacondaのライブラリをアップデートしようとしたら、管理者で実行しているのに権限エラーになった。個人アカウントのフォルダにインストールしていたことを思い出すまで半日かかった。

記事に戻る

コメントを残す