この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


アマゾンがついにワンアワーサービスをリリース ついに買い物はネットの方が早い時代へ

2015年11月19日にすごいニュースが飛び込んできました。
ギズモード・ジャパンの記事を紹介します。

▼1時間以内で届くって!? アマゾンがプライム会員向けサービス「Prime Now」を開始

早すぎる……。アマゾンは、本日11月19日よりAmazonプライム会員向けの新サービス「Prime Now」を開始しました。このサービス、生活必需品や趣味・嗜好品、ギフト用品など対


早すぎる……。

アマゾンは、本日11月19日よりAmazonプライム会員向けの新サービス「Prime Now」を開始しました。

このサービス、生活必需品や趣味・嗜好品、ギフト用品など対象となる約1万8000点の商品を、1時間以内に届けてくれるというもの。なんというデリバリー力。

プライム会員なら、午前6時から深夜1時の配送時間を選べる「1時間以内配送」が配送料金890円(税込)。午前6時から深夜0時の間、2時間単位の配達時間を選べる「2時間便」は配送料金が無料です。

注文にはスマートフォン用の専用アプリ「Prime Now」が必要で、2,500円(税込)以上から。なお、サービス開始時の対象エリアは東京都世田谷区、目黒区、大田区、品川区、渋谷区、港区、杉並区、新宿区(一部除く)となっています。対象エリアは順次拡大予定とのこと。

いやー、ますますアマゾン依存症が進行してしまいそう。気をつけないと……。

紹介終了

アマゾンの新サービス「プライム・ナウ」は今のところ東京都内だけですが、1時間以内を目処に即時配達をするサービスです。配送料は2500円以上の商品で1回890円かかりますが、深夜でも届くことを考えるとすごく未来的なサービスであることは間違いありません。

これがエリアを拡大し、送料が無料か、超低額になるといよいよアマゾン王国とでもいうべき物流革命がやってきます。

今までネットとリアルの大きな違いはデリバリーにあったわけですが、これが1時間以内に届くとなると、化粧をして外向きの服に着替え、電車に乗って買い物にいくよりも早く便利になるわけです。
こうなるとリアルビジネスで幅を利かせているエリアマーケティングは意味を成さなくなります。
ライバルは同市隣店からネットへと主戦場が変わるためです。

楽天が「あす楽」を謳っていますが、24時間が1/24になるサービスですから物流においてはアマゾン一人勝ちと言っても過言ではないでしょう。

というのも、結局荷物というのは宅配業者に委託する必要がある性質上、宅配業者の配達最短時間を超えることはできないわけです。しかし、アマゾンはその取引量の多さから、自社で巨大倉庫を持ち、オリジナルの物流を立ち上げようとしています。
「Prime Now」はまだテスト段階のはずなので、ドローンによる輸送が可能になった暁には、郵政・クロネコ・佐川に次いで第四の物流大手としてアマゾンが台頭することは間違いないでしょう。
すると、日用品を販売するスーパーやコンビニがアマゾンからの配送に依存することになるのも時間の問題です。

リアルビジネスでは立地に恵まれていない店舗は笑い、床面積が広く家賃が高額な立地に恵まれた店舗は泣くことになるかもしれませんね。1990年代に2015年では荷物が1時間で届くようになると聞けば、超SFチックな感じがしたことでしょう。

ところで、ドローンについての配達はどこまで進んでいるかというと、こんなものまで開発されています。

関連記事