この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。


ワードプレス プラグイン せどりプレス講座03 どこで仕入れてどこで売ればいいの?

次にどこで仕入れてどこで売ればいいのか? なんだけれど、問題は自分がどこに住んでいるかだよね。
東京に行くと古物市場というものがあって、業者であれば安く手に入る「場」というのがあるのだけれど、これを読んでいる人が必ずしも都会に住んでいるとは限らない。

だから全国区で考えるなら、ネットで仕入れて、ネットで売るというのが正解だ。
しかし、ネットで仕入れて、ネットで売る場合には問題があって、それは価格に地域差が生まれにくいことなんだよね。
一物一価の法則ともいうんだけれど、接続された市場では、同等の商品であれば最安値に近づくというもので、早い話が売る場合はどこで売っても大抵は同じになってしまう。これが欠点だ。
ただし、買い取りをしてくれる業者が数多くいるからこそ、いい加減な対応はできない(噂になる)から、妥当な価格で引き取ってくれるというメリットもある。

ではどうすればいいかというと、仕入れを工夫するしかない。
なるべく仕入れを安くして、安定した転売すればいい。
これをもっと単純に言うなら、個人から購入し、業者に買い取らせる、ということになる。

個人と業者には明らかな違いがある。
業者には顧客がいて、販売機会が個人よりも断然高いのに対し、個人は限られた販売チャンネルに加えて、ネットで転売するにしてもコストが掛かる、ということ。

店舗がある業者なら仕入れたものを店頭に並べておけば売れるわけだけれど、個人がネットでモノを売るとなると商品写真を撮ったり、キャッチコピーを考えたり、価格交渉をしたりと、換金したい時にすぐにできない、というストレスがあるんだよね。

関連記事