フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

只今Amazon Pressを開発中

今年は集めたアクセスをマネタイズすることが研究テーマです。
というわけで、「Amazon Product Advertising API」を利用した「Amazon Press(アマゾンプレス)」を開発中です。
実は「Amazon Press」については一度挫折していました。
というのもアマゾンのアソシエイトIDが入手できなかったためです。審査が厳しいんですね。

審査落ちの原因と審査の通し方は分かったのですが、サイトを色々と作り直す必要があったため諦めました。
その代わり、moba8.netのアマゾンアフィリエイトリンクを使って「moba8ad」というプラグインを作りました。

では、なぜ「Amazon Press」に再着手することになったかというと、実はアマゾンのアソシエイトIDがなくてもアマゾンのAPIキーが取得できればとりあえずはいい、ということが分かったからなのでした。早く気が付くべきでした(笑)

それで、知っての通り? ワードプレスには「Amazon JS」という有名なプラグインがあります。
アマゾン系のプラグインはいくつかあるのですが、おそらくは商品検索はできるけれど、コンテンツには連動していないと思います。

どういうことかというと、検索キーワードを決めてAPI経由で商品は検索できるのですが、検索キーワードをどうやって決めるかという問題がありますよね。
例えば、ワードプレスについて書かれたページがあるとします。そこに極端な話、女性用の下着の広告を出してもマッチしないわけです。その逆も然りです。

できればコンテンツに連動したコンテンツマッチ広告にしないと、適切なターゲットにリーチできないのです。
コンテンツにマッチした広告の方が断然反応率が違います。
では、どうやってコンテンツを判断し、それに相応しいキーワードを抽出するのか?

…………………むむ…できない!?

そうなのです。普通ではできないのです。人工知能でも開発しない限りはそのコンテンツに相応しいテーマというかキーワードは分からないのです。

なので、アマゾン系のプラグインは管理者がキーワードを決めて、その検索結果をHTMLコードとして取得し、ページに配置する、という半自動になっています。
あるいは売れ筋ランキングを機械的に配置、確率的に売れることを期待するか…。

しかし、できれば、グーグルアドセンスのようにコンテンツに連動したコンテンツマッチ広告にして、わざわざ検索キーワードを入力しなくても、自動的にアマゾンの商品が表示された方が便利ですよね。

…………………そんなこと…できるの!?

できるんです。

それが「Amazon Press」です。

コメント

  1. 2018/08/01(水) 07:30:11
    アップル vs アマゾン vs グーグル ~電子書籍、そしてその「次」をめぐる戦い~ 電子書籍を中心に3社の戦略から最新の動向を分析し、デジタルコンテンツを巡るその「次」の動きを予測 https://t.co/OkVaZN63V1
  2. 2018/08/01(水) 07:30:11
    水玉タレプロ 特別企画 第1回水玉タレプロのコンテンツを盛りあげよう!グダグダ会議 DVDをアマゾンでチェック! https://t.co/2yxbgYymyy グダグダ会議CM https://t.co/5EmfrdvItp #みずたまにあ #橋本奈美 #吉田ユウ #加藤光大
  3. 2018/08/01(水) 07:30:11
    コンテンツ・マーケティング64の法則 #amazon #アマゾン #ビジネス #マーケティング #書籍 https://t.co/xuCc9ewwGc
  4. 2018/08/01(水) 07:30:11
    @guldeen @Miyamocchi_san @zimkalee 国内で自己完結でも良いと思いますが、本格的に海外収益を取るなら外国向けの配信サイトを作るとかした方がいいですね〜ネトフリはその点便利なコンテンツじゃないかと思います。アマゾンみたいなものでしょうか。今後は日本も独自の映像配信サイトを作るんじゃないでしょうか😊😃予想ですけど😁👍
  5. 2018/08/01(水) 07:30:11
    出版社は無数にありますが、アマゾンもその中のひとつでしかありません。まず出版分野で実験をするのが目的です。現在は短編の出版を行っていますが、30ページ以上の中編の作品にも期待しています。それはまったく新しいコンテンツになるでしょう。

記事に戻る

コメントを残す