フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援
フリーランスのためのネットビジネス専門学校 ネットで独立開業を目指す人を応援

ワードプレスでショッピングカートを作ろう その3 セッションの使い方

前回はセッションを使ってみました。
セッションIDはCookieに保存されているので、ちゃんとCookieに保存されているかを確かめてみましょう。
PHPにはCookieの値を簡単に取り出せる「$_COOKIE」という変数が用意されています。

<?php

	//セッション名をtestに設定
	session_name( 'test' );

	//セッション開始
	session_start();

	//文字化け対策としてヘッダー出力
	header( "Content-type: text/html; charset=UTF-8" );

?>

<html>
<head>
	<title>セッションテスト</title>
</head>
<body>

<?php

	//クッキーに保存されていなければ
	if(! isset( $_COOKIE[ 'test' ] ) )
	{
	    print( "初めての訪問です。" );
	}
	//クッキーに保存されていれば
	else
	{
		echo "2回目以降の訪問です。<br>n";
		echo "セッションIDは" . $_COOKIE[ 'test' ] . "です。";
	}

?>

</body>
</html>

▼サンプル
lesson-school.com/wp-content/lesson/cart/03-yBl/01.php

表示してみると「$_COOKIE[ ‘test’ ]」にちゃんと保存されていることが分かります。
次にちょっとややこしいのですが「$_SESSION」というセッション変数あります。
これはセッションを張ることに成功するとサーバー側に値を保存できる特殊な変数となっています。

さきほどサーバー側にはデータを保存できないという話をしたばかりですが、PHPにはセッション変数というものを通してサーバー側にデータを保存しておく機能があるのです。しかも自動的にファイルに保存してくれます。
ユーザー側にはCookieという機能でセッションIDというキーを保存しておいて、そのキーが一致すればサーバー側に保存してあるデータにアクセスができるという二段構えです。

セッション変数の使い方ですが、Cookieの変数と使い方がよく似ています。

会員限定コンテンツ

この記事はブロックされています。続きを読みたい方はログインをして下さい。会員ではない方は新規会員登録をして下さい。

ログインはこちら

新規会員登録はこちら

パスワードをメールで送信します。

コメント

  1. 2018/04/09(月) 13:57:49
    あと、セッションまで一週間を切ったのでそろそろ敵ゲストデータを作らないと
  2. 2018/04/09(月) 13:57:49
    動画にするセッションの録音データを聞くたび自らの声に悶え死ぬ
  3. 2018/04/09(月) 13:57:49
    セッション撮影は初めてだったけど結構難しいかも…。 そして写真とデータの渡し方で悩む…撮って出しとして選別せずに全員に渡すでもいいかな
  4. 2018/04/13(金) 00:22:37
    ガーデンオーダー 「バディものだから関係性をしっかり作ってプレイに挑もうね!!」を掛け声に、個人的にはしっかりロールプレイがしやすいシステム。PC同士の設定が噛み合ってやりとりできる時、セッションがすごく楽しく感じます。ただデータはもっと欲しい。サプリ出て。 https://t.co/2bFCKm8jZh
  5. 2018/04/13(金) 00:22:37
    @shimi_cas シナリオデータやセッション記録のセーブ・ロードはどこでもあるので活用してこうな

記事に戻る

コメントを残す